わかれ酒 歌詞

歌:三沢あけみ

作詞:吉川静夫

作曲:渡久地政信

女の歓喜おしえた貴方が
こんな こんな こんな
悲哀わたしに呉れた
涙ながして悩んだ果てに
痩せたとこの頃いわれます
命を泣かす わかれ酒

死んだらよかった抱かれたままで
甘い 甘い 甘い
言葉に私は燃えた
嘘も本当も 男は上手
二度目の人生さがします
命を泣かす わかれ酒

生きてる限りは忘れはしない
それが それが それが
本音のわたしにさせた
夜の仕草や 口癖なんか
酔うほど心に浮かびます
命を泣かす わかれ酒
三沢あけみの人気歌詞
涙の渡り鳥

雨の日も風の日も 泣いて暮らす わたし ...

おとこ花おんな花

あなた命と 決めてから 痛む過去の 傷 ...

渡り鳥

波を凍らせて 吹雪の海は 鉛色をして ...

つむぎ恋唄

愛を紬に 織りたいからと 今朝の手紙に ...

花咲く季節(ころ)に

夢を探して 来た東京で さくら咲けば ...

アリューシャン小唄

明日は逢えなくなる人に せめて笑顔でつ ...

酔うほどに

酒よ今夜も 酔わせてよ 季節はずれの冷 ...

倖せをありがとう

おまえと呼ばれりゃ あんたと答える そ ...

恋しくて

心 心 心だまして ひとり飲む酒 まぶ ...

高原の駅よさようなら

しばし別れの 夜汽車の窓よ いわず語ら ...

女のしぐれ道

何処まで行けば 胸の淋しさ 振り切れま ...

熱海妻

風に追われた 湯けむりに 泣いてつかま ...

私も流れの渡り鳥

赤く咲いても淋しやこころ 熱い吐息のや ...

明日はお立ちか

明日はお立ちか お名残(なご)り惜(お) ...

島ごころ

ハイビスカスの 花びら散らし 沖に消え ...

南国の花

誰も知らない南の果てに 流れ流れて咲く ...

艶歌女房

どんな時でも お疲れ様と 俺の支えは  ...

四国の人よさようなら

青い瀬戸海 あの街の灯も 今夜かぎりで ...

女のゆきどけ

水割り一気に 呑みほして 出直さないか ...

悲恋劇

昔語(むかしがた)りの女優なんて 舞台が ...