恋路川 歌詞

歌:半田浩二

作詞:早川詩朗

作曲:板谷隆

バカな女と 云われてもいい
すがりつきたい もう一度
いやよいやです 次の世なんて
死んでいいのね この恋抱いて
どこまで迷う 恋路川

逢えぬつらさに 涙もかれて
ひとり女の頼りなさ
あなた以外に 愛するなんて
とてもできない できない女
どこまで迷う 恋路川

一生一度の この恋だから
思いきれない忘れない
あるき疲れた心の中に
いつかぼんやり 夕陽も落ちて
どこまで迷う 恋路川
半田浩二の人気歌詞
雨やどり

古傷さらして 泣きながら 忘れさせてと ...

でもわるくねえ

兎角(とかく)この世は金(かね)・金(か ...

男のほろり酒

男にふられた 女が笑い 女をふった 男 ...

明日へ

大事なのは その気持ち どんな日も 前 ...

銀座のトンビ

あと何年 俺は生き残れる あと何年 女 ...

済州エア・ポート

今朝のつばさはとくべつに いそいで空港 ...

北のみずうみ物語

たずねて来たんだよ 忘れぬ面影を 君が ...

花らんぷ

男ひとりが 住んでる部屋に 何のかざり ...

とある居酒屋で

仕事帰りの 居酒屋は あしたの倖せチョ ...

東京カラス

まっかな夕陽に 誘われながら 迷い込ん ...

うれし涙

たった一つの ものさしで 測れるしあわ ...

日暮里挽歌

もっとおれより やさしいやつと 生きて ...