名残りの花 歌詞

歌:大月みやこ

作詞:石本美由起

作曲:伊藤雪彦

誰かに捨てろと 言われても
この恋捨てたら 生きられません
二人の胸に 燃え移る
炎が愛の 証です
逢いたい 逢えない
命を託す 恋ならば
捧げる人は あなただけ

涙の向うに 来る春は
幸せ届けて くれるでしょうか
約束繋ぐ 恋の糸
このまま切れず いつまでも
逢いたい 逢えない
あなたを偲ぶ みれん雪
私のこころを 凍らせる

名残りの花の はかなさを
運命の道と 知りました
逢いたい 逢えない
せつなく消える 命でも
心の灯りは あなただけ

大月みやこについて

昭和39年6月20日「母恋三味線」でキングレコードよりデビュー 。昭和59年度 全日本有線大賞特別賞 (女の港)平成4年度  第34回日本レコード大賞 大賞 (白い海峡)など受賞多数。
大月みやこの人気歌詞
女の港

口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば ...

氷雪の岬

どこに流れて ゆきますか 凍えて割れた ...

白い海峡

人はみな故郷が 恋しくなって 一度は泣 ...

とまり木の花

あなただけよと 躰をよせて 咲いてみた ...

涙川

女がひとり 許して泣いて 流す涙が 川 ...

ゆうすげの花

ゆうすげに ゆうずけに降る雨が 思い出 ...

夢日記

なにが欲しいと 聞かれたら 愛が欲しい ...

せめてもう一度

紅を落とした このくちびるが 乾いた思 ...

ひとり越前~明日への旅~

雪の越前 東尋坊で あなたのコートに ...

愛にゆれて…

こんなに愛されていても 心が淋しい あ ...

流氷の宿

赤い赤い赤い糸で 心つなげば 海鳴りが ...

ひなげし小唄

赤いひなげし 咲いたとて 花の咲かない ...

戻り橋暮色

(台詞) 大阪は みなみの新地のあたり ...

くらやみ橋から

(台詞) 昭和十年頃の事やったそうです ...

星影の小径

静かに 静かに 手をとり 手をとり ...

新妻に捧げる歌

しあわせを もとめて ふたりの こころ ...

潮来舟

こんな悲しい 涙の恋を 知っているやら ...

月下美人のように

月の雫 素肌にまとえば 今夜だけ そば ...

大阪ふたりづれ

(大阪ふたりづれ) あなたに寄り添い ...

別れてひとり

別れはすませた はずでした 悔やみはし ...