鴎唄 歌詞

歌:森昌子

作詞:高田ひろお

作曲:小林亜星

右に燈台 左に鴎
春の景色を 二つに分けて
黒い貨物の船がゆく
煙るたき火を ふと見つけ
砂に未練の 足跡きざむ
ここは旅路の 知らぬ町

過去と涙と 流れ木燃やし
細い煙りの 行方を見つめ
あなた住む町 振り返る
寒さしのぎの セーターも
胸に潮風 さしこむばかり
ここは旅路の 鴎町

泣きもしたけど 笑いもしたと
恋の終った 今では言える
それが私の なぐさめね
夢を見ないで 眠れても
そっと寝返る すき間が寒い
ここは旅路の 港町

森昌子について

1971年日本テレビ系スター誕生!に出場。初代グランドチャンピオンとなる。1972年7月「せんせい」で歌手デビュー。翌年デビューした山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。1973年NHK紅白歌合戦初出場。 1983年の「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。1986年10月歌手の森進一と結婚。歌手業を引退。2005年4月離婚。2006年5月、NHK「歌謡コンサート」で復帰。新曲「バラ色の未来」リリース。
森昌子の人気歌詞
越冬つばめ

娘盛りを 無駄にするなと 時雨の宿で ...

せんせい

淡い初恋 消えた日は 雨がしとしと 降 ...

おかあさん

やせたみたいね おかあさん ふざけて ...

哀しみ本線日本海

何処へ帰るの 海鳥たちよ シベリアおろ ...

愛傷歌

命がいつか 終るよに 別れがくるのね ...

立待岬

北の岬に 咲く浜茄子の 花は紅 みれん ...

孤愁人

祭りが過ぎたら町に 残るものは 淋しさ ...

ふるさと日和

あの人に逢いたくなって あの人のふるさ ...

なみだの桟橋

どこへ行くとも 言わないで 夜明けあの ...

あなたを待って三年三月

約束した日は もう近い 三年三月に や ...

津和野ひとり

恋した娘は なぜだか知らず ひとりで旅 ...

あの人の船行っちゃった

船が出る出る 船が出る あなたを乗せた ...

中学三年生

別れの季節の 悲しみを 生まれてはじめ ...

面影の君

白くこぼれる 花を見て 恋の終りを 知 ...

彼岸花

彼岸花咲けば 秋深く 女が日暮れに 泣 ...

あなたの愛に包まれながら

雨の日も 風の日も 色々あって つづく ...

はぐれどり

海に浮かべた 笹舟さえも 水に背を向け ...

ためいき橋

白い手紙 びりびり引き裂いて 橋の上か ...

恋は女の命の華よ

海鳴りないて荒れる夜は 時計の針が ...

夕笛の丘

淡いりんどう 咲く道で 小指の傷を く ...