evesta歌詞検索

昭和任侠伝(君夕子)の歌詞ページです。

昭和任侠伝 歌詞

歌:君夕子

作詞:飯田新吾

作曲:亜乃洋

上る湯煙り 未練をつゝみ
捨てゝ流した うしろ髪
今宵わかれの 水盃に
花もつぼみの 花もつぼみの
咲見町

春を待たずに 散るのも運命
同じ梢の若桜
利口者なら 行かない道に
雲を呼ぶ呼ぶ 雲を呼ぶ
修羅の風

口に出さぬが 男の心
死ぬも生きるも 二人連れ
後にゃ引かれぬ 任侠の意地を
月も見ている 月も見ている
富士見坂

君夕子について

1970年「神様がまちがったのね」で歌手デビュー。1979年一時芸能界を引退。1984年歌手としてカムバック、1985年レコード「昭和仁侠伝」で復帰。
君夕子の人気歌詞
夢ワルツ

世間を敵に 廻しても やりたいことを ...

悲願花

あなたが死ぬと 言うのなら ついて行き ...

艶歌

もしもお酒がなかったら 惚れてませんね ...