evesta歌詞検索

思えば遠くへ来たもんだ(海援隊)の歌詞ページです。

思えば遠くへ来たもんだ 歌詞

歌:海援隊

作詞:武田鉄矢

作曲:山木康世

踏切の側に咲く コスモスの花ゆらして
貨物列車が走り過ぎる そして夕陽に消えてゆく

十四の頃の僕はいつも 冷たいレールに耳をあて
レールの響き聞きながら 遥かな旅路を夢見てた

思えば遠くへ来たもんだ 故郷離れて六年目
思えば遠くへ来たもんだ この先どこまでゆくのやら

筑後の流れに小魚釣りする人の影
川面にひとつ浮かんでた 風が吹くたび揺れていた

二十歳になったばかりの僕は 別れた女を責めながら
いっそ死のうと泣いていた 恋は一度と信じてた

思えば遠くへ来たもんだ 今では女房子供持ち
思えば遠くへ来たもんだ あの頃恋しく思い出す

眠れぬ夜に酒を飲み 夜汽車の汽笛を聞くたびに
僕の耳に遠く近く レールの響きが過ぎてゆく

思えば遠くへ来たもんだ 振り向くたびに故郷は
思えば遠くへ来たもんだ 遠くなる様な気がします
思えば遠くへ来たもんだ ここまで一人で来たけれど
思えば遠くへ来たもんだ この先どこまでゆくのやら

海援隊について

武田鉄矢・中牟田俊男・千葉和臣の3人組のフォークグループ。1972年にアルバム『海援隊が行く』でエレックレコードからデビュー。「母に捧げるバラード」が大ヒットし、人気グループに。1979年には3年B組金八先生の主題歌「贈る言葉」が大ヒット。
海援隊の人気歌詞
贈る言葉

暮れなずむ町の 光と影の中 去りゆくあ ...

声援

貴方が言葉を覚えたのは 悲しみ語るためで ...

人として

遠くまで見える道で 君の手を握りしめた ...

母に捧げるバラード

「お母さん、今僕は思っています。僕に故郷 ...

新しい人へ

君はハンドル くねらせながら 長い坂道 ...

スタートライン

夜明け前の薄暗い道を 誰かがもう走って ...

えらい!あんたが大将

黙っていればいいものを 酒の席とはいいな ...

私のなかの銀河

浜辺で拾った 小さなこの貝殻が どうし ...

いつか見た青い空

あなたを夕焼けの詩にはしない 遠ざかる ...

あんたが大将

黙っていればいいものを 酒の席とはいい ...

まっすぐの唄

今日から僕はまっすぐに 君の涙になってや ...

二流の人

そんなに欲しい天下なら 家康お前にくれ ...

蝉が鳴いてる いつからとなく 短い命に ...

恋不思議

街で流行りの 恋唄たちは 愛してします ...

家族

一緒に過ごした 時の長さが 愛というも ...

さよならに さよなら

リンゴの皮を むくように 過ぎ行く時は ...

そうだ病院へ行こう

そうだ病院へゆこう そうだ病院へゆこう ...

遙かなる人

夕暮れの空まで 真っ直ぐに 駆けてきた ...

ラストバラード

産んでくれてありがとな 育ててくれてあり ...