evesta歌詞検索

母に捧げるバラード(海援隊)の歌詞ページです。

母に捧げるバラード 歌詞

歌:海援隊

作詞:武田鉄矢

作曲:海援隊

「お母さん、今僕は思っています。僕に故郷なんか、
なくなってしまったんじゃないかと。
そして、ひとつ残っている故郷があるとすれば
お母さん、それはあなた自身です。
あなたは、何から何まで故郷そのものです。
今、こうして静かに目をとじていると、お母さん、
あなたの声が聞こえてくるんです。聞こえてくるんです。」

今も聞こえる あのおふくろの声
ぼくに人生を教えてくれた
やさしいおふくろ

「コラ!テツヤ!何ばしようとかいなこの子は、おまえ、
はよ学校いってこんか。デレーッとして。
近所の人からいつも、おまえ何てウワサされようか、
知っとうとか。タバコ屋の武田ん方の息子は、
フォーク・ソング狂いのバカ息子、バカ息子って、
噂されよっとお。どうしてまた、
こげん頭の悪か子のできたとかいなね。
ほんなこと、母ちゃん情けなか。あの日、あの日、
父ちゃんが酒さえ飲んで帰ってこんかったら、
おまえのごたあ、バカ息子はできとらんとにねえ。
ほんなことが。

待て!待てテツヤ!またタバコば だまって
もって行きよろうがこの子は。ほんなこと はらん立つ。
家の稼業がタバコ屋からちゅうて、この子は
小学校四年の時からタバコの味おぼえて、
中学校一年の時ゃ、おまえ、歯のウラまっくろやなかったか。
まだ判らんとか。母ちゃんが、このタバコ屋を経営するために
どれだけ苦労しようか、血と汗と泪でよごれた女の半生が。
まだわからんとか、このバカ息子は、ほんなこと。アホ!

行ってこい!どこへでも行ってきなさいテツヤ。
おまえのごたあ息子が おらんごとなっても、
母ちゃん、なあもさびしうなか。
死ぬ気で働いてみろ、テツヤ。働いて、働いて、働きぬいて、
遊びたいとか、休みたいとか、そんなことおまえ、
いっぺんでも思うてみろ。そん時ゃ、そん時ゃ、テツヤ、死ね!
それが、それが人間ぞ。それが男ぞ。
おまえも故郷をすてて、花の都へ行くかぎりは
輝く日本の星となって、帰ってこいよ。行ってこい。どこへでも。」

今も聞こえる あのおふくろの声
ぼくに人生を教えてくれた
やさしいおふくろ

海援隊について

武田鉄矢・中牟田俊男・千葉和臣の3人組のフォークグループ。1972年にアルバム『海援隊が行く』でエレックレコードからデビュー。「母に捧げるバラード」が大ヒットし、人気グループに。1979年には3年B組金八先生の主題歌「贈る言葉」が大ヒット。
海援隊の人気歌詞
贈る言葉

暮れなずむ町の 光と影の中 去りゆくあ ...

声援

貴方が言葉を覚えたのは 悲しみ語るためで ...

人として

遠くまで見える道で 君の手を握りしめた ...

思えば遠くへ来たもんだ

踏切の側に咲く コスモスの花ゆらして ...

新しい人へ

君はハンドル くねらせながら 長い坂道 ...

スタートライン

夜明け前の薄暗い道を 誰かがもう走って ...

えらい!あんたが大将

黙っていればいいものを 酒の席とはいいな ...

私のなかの銀河

浜辺で拾った 小さなこの貝殻が どうし ...

いつか見た青い空

あなたを夕焼けの詩にはしない 遠ざかる ...

あんたが大将

黙っていればいいものを 酒の席とはいい ...

まっすぐの唄

今日から僕はまっすぐに 君の涙になってや ...

二流の人

そんなに欲しい天下なら 家康お前にくれ ...

蝉が鳴いてる いつからとなく 短い命に ...

恋不思議

街で流行りの 恋唄たちは 愛してします ...

家族

一緒に過ごした 時の長さが 愛というも ...

さよならに さよなら

リンゴの皮を むくように 過ぎ行く時は ...

そうだ病院へ行こう

そうだ病院へゆこう そうだ病院へゆこう ...

遙かなる人

夕暮れの空まで 真っ直ぐに 駆けてきた ...

ラストバラード

産んでくれてありがとな 育ててくれてあり ...