evesta歌詞検索

紬の女(竜鉄也)の歌詞ページです。

紬の女 歌詞

歌:竜鉄也

作詞:さいとう大三

作曲:竜鉄也

草木の紬に身をつつみ
踊った姿が忘られぬ
一夜限りの恋ならば
花火のように咲きたいと
あの夜泣いてた 紬の女よ

川の流れを追いながら
二人歩いた飛騨の町
幸せ薄い横顔に
何故か似合った白い花
運命はかない 紬の女よ

山肌染めて秋がゆき
人肌恋しい冬がくる
雪に埋れた山あいで
ひとり暮しはつらかろう
抱いてやりたい 紬の女よ
竜鉄也の人気歌詞
奥飛騨慕情

風の噂さに 一人来て 湯の香恋しい 奥 ...

哀愁の高山

うるむネオンの 裏町を ふたりで歩く ...

別れ雪

波止場は昏れて灯台に 泣いてる影がただ ...

土佐恋慕情

逢ってみたいな ひと眼でいいと 悩みつ ...

旅の宿

夜空にけむる 湯の町を 月のしずくに ...

人生二人三脚

雨が降っても 傘さえさせぬ つえをたよ ...

屋台酒

にぎわう街の 片隅で 俺と良く似た奴が ...