evesta歌詞検索

屋台酒(竜鉄也)の歌詞ページです。

屋台酒 歌詞

歌:竜鉄也

作詞:喜多條忠

作曲:竜鉄也

にぎわう街の 片隅で
俺と良く似た奴がいる
のれんに風が吹くたびに
ちいさな咳して 酒を呑む
泥にまみれた くやしさは
ひとりで ひとりで耐えるもの

コップの底に 映るのは
お前と別れた 街だろか
若さといえば それまでの
冷たい別れの それっきり
どこで どうしているのやら
今さら 今さら遅すぎる

生きてくことの はずかしさ
想い出すたび 酒を呑む
ひと文字欠けた ネオン見て
心にぽっかり 穴があく
酔えば 酔うほど淋しさが
男の肩抱く屋台酒
竜鉄也の人気歌詞
奥飛騨慕情

風の噂さに 一人来て 湯の香恋しい 奥 ...

哀愁の高山

うるむネオンの 裏町を ふたりで歩く ...

別れ雪

波止場は昏れて灯台に 泣いてる影がただ ...

土佐恋慕情

逢ってみたいな ひと眼でいいと 悩みつ ...

紬の女

草木の紬に身をつつみ 踊った姿が忘られ ...

旅の宿

夜空にけむる 湯の町を 月のしずくに ...

人生二人三脚

雨が降っても 傘さえさせぬ つえをたよ ...