evesta歌詞検索

めぐり逢いふたたび(杉良太郎)の歌詞ページです。

めぐり逢いふたたび 歌詞

歌:杉良太郎

作詞:なかにし礼

作曲:浜圭介

ききわけのない子だね
この俺を責めないで
俺だってお前とはなれて
生きるつもりはないんだよ
置き去りにしたくない
出来るなら いっそこの腕で
お前を殺してしまいたい

花も実も結ばない
青春を生きたけど
お前というきれいな心を
知っただけでも悔いはない
抱きあっている時に
世界中 音をたてながら
崩れてしまえばいいものを

泣きながら 語りあい
さよならの朝が来た
美しいお前の裸を
見せておくれよもう一度
この次の人生も
めぐり逢い そして愛しあい
お前となりたい幸せに

杉良太郎について

1965年コロンビアレコードより「野郎笠」で歌手デビュー。1966年頃から俳優として日活映画に出演。1967年NHK『文五捕物絵図』で脚光を浴びる。以後『右門捕物帖』『遠山の金さん』『新五捕物帳』『同心・暁欄之介』『喧嘩屋右近』などTV時代劇で人気を得る。ヒット曲に「すきま風」「明日の歌」「男の人生」「おまえとおれ」など。
杉良太郎の人気歌詞
すきま風

人を愛して 人はこころひらき 傷ついて ...

明日の詩

たとえひとゝきの やすらぎでも あれば ...

江戸の黒豹

乾いた街の 片隅で おまえは何を 探す ...

君は人のために死ねるか

(セリフ)「昨日ひとりの男が死んだ 戦っ ...

燃える男

あしたの夜明けを 呼ぶために おれの生 ...

未練心

わずかなお酒 酔いにまかせて 焼きもち ...

ぼけたらあかん長生きしなはれ

年をとったら出しゃばらず 憎まれ口に泣 ...

おまえとおれ

そんなに 好きじゃなかったんだよ ...

男の花道

紙のこよりじゃ 魚は釣れぬ 口で世間は ...

おれの道

役者、役者というけれど 我が身を削って ...

恋する女

殺し文句に 酔わされて 分かっていなが ...

北の女

白い氷柱で 死ぬことも できるといった ...

俺は問題無ノ介

人の住むとこ 鬼が住む 何がどうして  ...

神様への手紙

私は神様に 手紙を書きました 世界のあ ...

下北の弥太郎 からっ風の子守唄

怒涛逆巻く 津軽の海に じょんがら吹雪 ...

お前の背中

親も知らない 情けもしらぬ 闇にまぎれ ...

北からの手紙

愛しながらも 言いだせず 好かれながら ...

江戸の夜明け

明日があるよで ないよな運命 恋も人情 ...

旅鴉半次郎 ふりむけば夕陽

花がやさしい 小さな花が むごい きび ...

そんな男達

ひとめ見れば幸せそうで よくよく見れば傷 ...