evesta歌詞検索

みれん橋(志賀勝)の歌詞ページです。

みれん橋 歌詞

歌:志賀勝

作詞:ふかまちじゅん

作曲:賀川幸生

泣いて別れた 恋だから
あきらめきれない あの人を
夢がこわれた 横浜の
町をひとりで さまよいながら
歩き疲れて たたずむ橋は
おもいきれない きるにきれない
みれん橋

いつかこうなる 運命だと
わかっていながら また泣ける
雨になりそうな 横浜の
夜をたずねて 女がひとり
夢を追いかけ たたずむ橋は
おもいきれない きるにきれない
みれん橋

忘れられない 思い出が
胸に切なく しみてくる
これでいいのよ 横浜の
恋の終わりは かないものと
ひとりつぶやき たたずむ橋は
おもいきれない きるにきれない
みれん橋

志賀勝について

室田日出男、川谷拓三、岩尾正隆らと悪役俳優として頭角を表し『仁義なき戦い』シリーズに出演。
志賀勝の人気歌詞

(セリフ)「わいは役者の志賀 勝や 知 ...

(セリフ)久し振りでんな 志賀 勝や! ...

苦しみや 悲しみを 逃れるように すが ...

俺のいい時ゃ 来た奴も 落目になったら ...

(セリフ)「私 生まれも育ちも京都です ...

螢篭

あれは十八縁日で お前が買った螢篭 ...