evesta歌詞検索

祭り唄(鳥羽一郎)の歌詞ページです。

祭り唄 歌詞

歌:鳥羽一郎

作詞:木下龍太郎

作曲:船村徹

帰る気になりゃ 日帰りで
行ける故郷も 俺には遠い
背伸びして見る 夢ン中
今日も聴こえるヨー
変りゃないかとヨー 気遣う母の
声が呼ぶよな 祭り唄

ハーエ ちらりちらりと ハヨイヨイト
並木の杉の 渡り鳥かよ
アレサヨ 暁の空
便り何度か 来たけれど
いつも書いては 破いた返事
済まぬ済まぬと 夢ン中
耳をすませばヨー
たまにゃ帰れとヨー 故郷の友が
叩く太鼓か 祭り唄

ハーエ 那須はつつじか ハヨイヨイト
塩原もみじ 湯気に咲くのは
アレサヨ 恋の花
すがる瞳に 背を向けた
上り列車の 小雨のホーム
想い出してる 夢ン中
泣いて聴こえるヨー
迎え来てねとヨー 待ってる女の
黒髪にからまる 祭り唄

鳥羽一郎について

S57年 8月25日 日本クラウンより「兄弟船」で歌手デビュー。S58年12月 第16回全日本有線大賞“新人賞”受賞。 S60年 NHK紅白歌合戦に初出場。「
鳥羽一郎の人気歌詞
兄弟船

波の谷間に命の花が ふたつ並んで咲いて ...

カサブランカ・グッバイ

私はいつも あなたに言った 別れ話は ...

男の港

板子一枚 生命をはった 男度胸の 海が ...

北の鴎唄

山背が吠えれば こころも時化る 今夜は ...

男の庵

春まだ遠い 如月は 北風 襟立て 裏通 ...

中仙道

旅の空 日暮れて 街道に 湯煙りが流れ ...

天下布武

鎧かぶとに生命をあずけ 戦にかけた 天 ...

海の匂いのお母さん

海の匂いが しみこんだ 太い毛糸の チ ...

稚内ブルース

晴れれば浮かぶ サハリンの 島影呼んで ...

泉州春木港

五人も倅がありながら ひとりも船に乗る ...

兄弟酒

男が二人で 女がひとり 三角波だよ こ ...

儚な宿

雪をいじめる 湯煙りを よけて 積もれ ...

男のかぞえ唄

ひとつ…男が 泣く時ゃヨ 恋の破片(か ...

さすらい

夜がまた来る 思い出つれて おれを泣か ...

国府宮はだか祭

尾張の空から 天下にひびけと 勇壮絵巻 ...

下北漁港

生まれたときから 吹いていた 山背の風 ...

酒泊り

他人(ひと)の話か 明日の空か あてに ...

河内遊侠伝

ばかながきほど かわゆてならぬ 親ばか ...

龍の道

誠・・一文字 こころに染めて 刃(やい ...