evesta歌詞検索

ぼくの妹に(加山雄三)の歌詞ページです。

ぼくの妹に 歌詞

歌:加山雄三

作詞:岩谷時子

作曲:弾厚作

ぼくの妹なら 愛ひとすじに
生きぬいておくれ
一人の人に
小さい頃 ぼくを慕って
駆けてきた君よ
それがこの頃 ぼくも眩しい
美しい娘さ
涙うかべながら 打明けた恋
ぼくがついているよ 幸せになろう

(セリフ)「よかったな! うれしいよ!
どんな娘とがあっても くじけるなよ 僕の妹だろ」

愛するとは 信じることさ
君ならば できる
どんなときにも 優しいまごころ
なくては いけない
そばにいなくなれば
淋しいけれど
僕はただ君が 幸せならいい

加山雄三について

1960年8月「映画男対男 」にて役者デビュー 。1961年7月「大学の若大将・夜の太陽でデ歌手デビューを果たす。1965年12且レコード 「 君といつまでも/夜空の星 」爆発的大ヒットし、レコード大賞特別賞を受賞
加山雄三の人気歌詞
ある日渚に

渚によせる 光る波は やさし君とぼくの ...

海・その愛

海に抱かれて 男ならば たとえ破れても ...

君といつまでも

ふたりを夕やみが つつむ この窓辺に ...

旅人よ

風にふるえる 緑の草原 たどる瞳かがや ...

夜空の星

僕の行く所へ ついておいでよ 夜空には ...

お嫁においで

もしも この舟で 君の幸せ 見つけたら ...

蒼い星くず

たった一人の日暮れに 見上げる空の星く ...

夜空を仰いで

夜空を仰いで 数える星も 君のいない砂 ...

いつまでもいつまでも

そよ風が僕にくれた 可愛いこの恋を い ...

ニュージーランドの若大将

空へ波を蹴りながら 走れば沸き立つ虹 ...

霧雨の舗道

銀いろの雨ふる 静かな夜 君と二人で黙 ...

夕陽は赤く

夕陽あかく 地平の果て 今日も沈み 時 ...

光進丸

桟橋に立つ 君の肩から 海鳥たちが 飛 ...

君かも知れない僕かも知れない

君かも知れない 僕かも知れない 寄り添 ...

ひとり渚で

君は忘れたろうか 今は 燃える夕映え  ...

想い出の渚

波に向って 叫んでみても もう帰らない ...

まだ見ぬ恋人

夕暮れの浜辺を 貝殻踏みながら 淋し ...

幻のアマリリア

雪のふる湖に ひとりでぼくを待つ 幻の ...

また逢う日まで

ふたりでドアをしめて ふたりで名前消して ...