evesta歌詞検索

埠頭を渡る風(松任谷由実)の歌詞ページです。

埠頭を渡る風 歌詞

歌:松任谷由実

作詞:松任谷由実

作曲:松任谷由実

青いとばりが道の果てに続いてる
悲しい夜は私をとなりに乗せて
街の灯りは遠くなびくほうき星
何もいわずに 私のそばにいて

埠頭を渡る風を見たのは
いつか二人がただの友達だった日ね
今のあなたはひとり傷つき
忘れた景色探しにここへ来たの
もうそれ以上 もうそれ以上
やさしくなんてしなくていいのよ
いつでも強がる姿うそになる

セメント積んだ倉庫のかげで
ひざをかかえる あなたは急に幼い
だから短いキスをあげるよ
それは失くした写真にするみたいに
もうそれ以上 もうそれ以上
やさしくなんてしなくていいのよ
いつでも強がる姿好きだから

白いと息が闇の中へ消えてゆく
凍える夜は 私をとなりに乗せて
ゆるいカーヴであなたへたおれてみたら
何もきかずに横顔で笑って

青いとばりが道の果てに続いてる
悲しい夜は私をとなりに乗せて
街の灯りは遠くなびくほうき星
何もいわずに 私のそばにいて
ラララ…

松任谷由実について

旧姓は荒井 由実(あらい ゆみ)。 1972年4月に多摩美術大学に入学。初めは作曲家志望だったが、アルファレコードを設立した村井邦彦の勧めで、同年7月5日にかまやつひろしがプロデュースしたシングル『返事はいらない/空と海の輝きに向けて』で荒井由実としてデビュー。同シングルの売上はわずか300枚で終わり、後に幻のデビューシングルと呼ばれるようになる。 1975年12月にアレンジャーの松任谷正隆と婚約。
松任谷由実の人気歌詞
ルージュの伝言

あのひとの ママに会うために 今ひとり ...

ひこうき雲

白い坂道が 空まで続いていた ゆらゆら ...

春よ、来い

淡き光立つ 俄雨 いとし面影の沈丁花 ...

真夏の夜の夢

骨まで溶けるような テキーラみたいなキス ...

守ってあげたい

You don't have to wo ...

やさしさに包まれたなら

小さい頃は神さまがいて 不思議に夢をか ...

卒業写真

悲しいことがあると 開く皮の表紙 卒業 ...

DESTINY

ホコリだらけの車に指で書いた True ...

Hello, my friend

Hello my friend 君に恋し ...

リフレインが叫んでる

※どうしてどうして僕たちは 出逢ってし ...

翳りゆく部屋

窓辺に置いた椅子にもたれ あなたは夕陽 ...

14番目の月

あなたの気持が読みきれないもどかしさ ...

スラバヤ通りの妹へ

妹みたいね15のあなた 髪を束ね 前を ...

影になって

なんて不思議な光を浮かべた霧の夜なの ...

晩夏 ~ひとりの季節~

ゆく夏に 名残る暑さは 夕焼けを吸って ...

ノーサイド

彼は目を閉じて 枯れた芝生の匂い 深く吸 ...

夕涼み

DAYDREAM 灼けつく午後 水撒き ...

潮風にちぎれて

泳ぐにはまだはやい よせ来る波 くるぶ ...

まちぶせ

夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 微笑み見 ...