evesta歌詞検索

瞳に約束(渡辺美奈代)の歌詞ページです。

瞳に約束 歌詞

歌:渡辺美奈代

作詞:秋元康

作曲:後藤次利

星のカーテン 空に下ろした 夏の終わりの高原
今 あなたと二人きり
淡いブルーのサマー・セーター
そっと顔を埋めれば 風の香り

もしも このまま ずっと
腕の中にいられたら
しあわせすぎて 泣いちゃうかも

※瞳にキスして 少し 震える肩先
幼い恋 強く抱きしめて
瞳にキスして熱い鼓動が苦しい
胸の痛み あなたのせいだとわかって
離さないでね 初めてだから※

いつかはこんな素敵な夢が
叶う時が来ることを 信じていた

背伸びしながら ずっと
大人のフリしてたけど
突然すぎて 泣いちゃいそう

やさしくキスして 少し 震えた唇
そっと寄せて 愛を待っていた
やさしくキスして 甘いめまいが切ない
それは事件 2人の秘密の始まり
離さないでね 初めてだから

(※くり返し)

渡辺美奈代について

1985年スカウトされ芸能界入り。1986年おニャン子クラブのメンバーとして「瞳に約束」でデビュー。オリコン1位を獲得。 1987年の解散。以後、ドラマ「教師びんびん物語」「季節はずれの海岸物語」映画「レディース!!」で活躍するほか、「新婚さんいらっしゃい!」では桂三枝のパートナーで人気に。
渡辺美奈代の人気歌詞
TOO ADULT

赤いチェリーを せがむみたいに ツンと ...

抱いてあげる

抱いてあげる 抱いてあげる 1人きりの ...

PINKのCHAO

初めてあなたに 出逢ったあの日は CHA ...

雪の帰り道

ああ 真冬の北の風に 折れそうな 細い ...

アマリリス

きらきら真夏の雨 緑をにじませてく ...