evesta歌詞検索

にごりえ(村上幸子)の歌詞ページです。

にごりえ 歌詞

歌:村上幸子

作詞:星野哲郎

作曲:櫻田誠一

灯り喰えて 沈む身に
似てやしないか ほてい草
胸をはだけて 団扇をつかう
ふてたつもりの 襟足に
昔しゃこれでも 花だよと
忍び泣きする 艶ぼくろ

落ちてもがけば もがくほど
はまる深みの 泥地獄
恋だ愛だとほざきなさんな
ここは命の切り売りで
その日 その日を生きている
泪女の 吹き溜り

飲んで騒いで いるときは
みんな殿様 華族さま
それでいいのさ このにごりえに
まことなんかは 要らないが
帰るあなたに 被せかける
羽織 重たい 朝もある

村上幸子について

1979年に「雪の越後をあとにして」でデビュー 1984年に「酒場すずめ」をヒットさせ、その後も「放浪記」「純情物語」などを歌った。 1990年7月23日死去
村上幸子の人気歌詞
酒場すずめ

涙という木に 止まった鳥は 人のやさし ...

不如帰

命二つを 結ぶ糸 ちぎれて哀し 相模灘 ...

それなりに青い鳥

爪を噛む 女にだけ 聴こえる あの歌は ...

北の港のみれん船

北の港の 桟橋に あなたがつないだ み ...

螢火情話

暗い海鳴り 窓の外 ため息一つ肩です ...

京の川

生きるか 死ぬかの 恋をして 女は綺麗 ...