evesta歌詞検索

椿散る宿(三笠優子)の歌詞ページです。

椿散る宿 歌詞

歌:三笠優子

作詞:あいたかし

作曲:あいたかし

瀬音さみしい 湯の宿に
みれんと云う名の 荷物をひとつ
捨てにきたのと 涙ぐむ
やせた女の ほつれ髪に
椿散る 散る 湯の宿かなし

そっとつぎたす お酒にも
おもい切れない 面影浮ぶ
せめて酔せて あの人を
忘れさせてと むせび泣く
椿散る 散る 湯の宿かなし

どこかわびしい 三味の音が
あれた心を いやしてくれる
水流れる 花でさえ
別れ惜しんで 浮きしずみ
椿散る 散る 湯の宿かなし
三笠優子の人気歌詞
博多しぐれ

意地と人情の 筑前絞り 粋に捌くにゃ ...

玄海おんな節

撥(ばち)をさばけば 天下一 お酒飲む ...

送り酒

しっかり見ておけ 親父の顔を しっかり ...

女の一生

男と女が 命を重ね 結んだ縁が絆です ...

夫婦徳利

頭にきたぜと 玄関先で 吐き出す吐息が ...

下津井情話

縁(えん)もゆかりも ない船(ふね)だっ ...

男の人生

肩をすぼめりゃ こころが寒い 酒を呷( ...

風は春でもヨー 都会の春は 花も咲かな ...

母の声

風の音にも わが子を想う 母の涙は 情 ...

大器晩成

花を咲かすが 人生ならば 花が実になる ...

人生

咲く花 散る花 この世のまゝに いつか ...

屋台ばなし

夫婦屋台に 身ぐるみのせて 捨てた昔に ...

春遠からじ

綺麗に咲いてる 花にもあるわ 寒さに耐 ...

鴛鴦東海道

若い苦労は 買ってもしろと 富士が励ま ...

酒しぐれ

いのち削って 尽くしてみても 別れ ...

どっこい演歌は生きている

雪のふとんで 命を温くめ 花は出番を ...

男の援歌

負けてどうする 不景気風に こんな時世 ...

~東京下町~夜明け橋

都会の川には 浮かべる舟さえないけれど ...

おんなの真田丸

身に降る火の粉を 払いのけ 散りゆく覚 ...