evesta歌詞検索

白河夜船(城之内早苗)の歌詞ページです。

白河夜船 歌詞

歌:城之内早苗

作詞:荒木とよひさ

作曲:弦哲也

あんたのお酒は 可愛いいお酒
酔えば甘えて 子供と同じ
いいじゃない いいじゃない
こんな小さな 倖せで
白河夜船の ねえ船頭さん
偉くなってね わたしの膝で

裸の心で 生きてるあんた
そばでわたしが 守ってあげる
いいじゃない いいじゃない
惚れた男(ひと)なら 宝物
白河夜船の ねえ船頭さん
忘れちゃいやよ わたしのことを

時代が小走り しているならば
亀さんみたいに ゆっくり漕いで
いいじゃない いいじゃない
人情(じょう)と涙の 浮き世川
白河夜船の ねえ船頭さん
死ぬまで一緒よ ふたりは一緒

城之内早苗について

1985年にフジテレビのバラエティ番組「夕やけニャンニャン」でおニャン子クラブの会員番号17番としてデビュー。1986年に演歌歌手として「あじさい橋」でソロデビュー。ほかに「奥飛騨★星の宿」「恋桜」などをリリース。また、文化放送「走れ!歌謡曲」木曜日(水曜深夜)のパーソナリティやフジテレビ「ものまね王座決定戦」のレギュラーとしても活躍。
城之内早苗の人気歌詞
あじさい橋

遠くに ゆっくりと 梅雨が来て 空から ...

空港物語

雨に煙った 夜の空港 傷つく心を 膝に ...

よりそい蛍

何も望まぬ 恋だけど あなたと二人で ...

隅田川

ゆかた姿の あなたの背中に より添えば ...

泣き砂 海風

黙(しじま)切り裂き海鳥翔べば 雪が泣 ...

泣くだけ泣いたら

雨音を 聞きながら 息を ひそめてる ...

恋衣

夕暮れ時の 人恋しさに 吐息(といき) ...

雪ふりやまず

※雪ふりやまず 風が哭く 雪ふりやまず ...

シャボン玉

窓の差し込む 黄昏だけが あなたの身が ...

夏泊恋歌

車降りれば 風の群れ あなた追いかけ  ...

恋のしずく

肩をぬらす 恋のしずく 濡れたままでい ...

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点 ...

なみだ月

洗い髪さえ 淋しげに きしむ隠れ湯 旅 ...

遠い花火

ひとり暮らしの東京に 花火のはじける音 ...

幸せになります

こんな夜更けに電話をして 驚いたでしょ ...

奥飛騨★星の宿

往く夏でしょうか 来る秋でしょうか 旅 ...

酔わせてよ今夜だけ

泣いてばかりじゃ つらいから こんな夜 ...

小樽秋冬

歩いてください 私の隣 生きてゆくのが ...

恋待ち夜雨(よさめ)

雨が止みそで 止まない日暮れ まるで未 ...

酔月夜

港の酒場で ほどよく呑んで 耳朶(みみ ...