あたいの夏休み 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

短パンを穿いた付け焼刃レディたちが
腕を組んでチンピラにぶらさがって歩く
ここは別荘地 盛り場じゃないのよと
レースのカーテンの陰 囁く声
お金貯めて3日泊まるのが夏休み
週刊誌読んでやって来れば数珠つなぎ
冷めたスープ放り投げるように飲まされて
2段ベッドでも あたいの夏休み

※Summer vacation あたいのために
Summer vacation 夏 翻れ※

新聞に載るほど悪いこともなく
賞状を貰うほど偉いこともなく
そしてゆっくりと一年は過ぎてゆく
やっと3日貰えるのが夏休み

貴賓室のドアは金文字の V I P
覗きこんでつまみ出されてる夏休み
あたいだって町じゃ捨てたもんじゃないのよと
慣れた酒を飲んで酔う十把ひとからげ

(※くり返し)

だけどあたいちょっと この夏は違うのよね
昨夜買った土産物屋のコースター
安物だけど自分用じゃないもんね
ちょっとわけありで今年の夏休み

悲しいのはドレスが古くなること
悲しいのはカレーばかり続くこと
だけどもっと悲しい事は一人泣き
だからあたい きっと勝ってる夏休み

(※くり返し×2)

中島みゆきについて

1975年「アザミ嬢のララバイ」でデビューし、同年「時代」で、ヤマハポピュラーソングコンテストと世界歌謡祭グランプリ受賞。以後、「わかれうた」「悪女」などが大ヒット。現在までにオリジナル・アルバム32作品をリリース。アルバム、ビデオ、コンサート、夜会、ラジオパーソナリティ、TV・映画のテーマソング、楽曲提供、小説・詩集・エッセイなどの執筆と幅広く活動。2002年NHK紅白歌合戦初出場。2003年にはNHK「プロジェクトX」の主題歌「地上の星」が、オリコンシングルチャートTOP100で148週チャートインの日本記録を達成。
中島みゆきの人気歌詞

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なに ...

時代

今はこんなに悲しくて 涙もかれ果てて ...

ファイト!

あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんの ...

空と君のあいだに

君が涙のときには 僕はポプラの枝になる ...

わかれうた

途に倒れて だれかの名を 呼び続けたこ ...

二隻の舟

時は 全てを連れてゆくものらしい なの ...

銀の龍の背に乗って

あの蒼ざめた海の彼方で 今まさに誰かが傷 ...

タクシードライバー

やけっぱち騒ぎは のどがかれるよね 心 ...

命の別名

知らない言葉を覚えるたびに 僕らは大人 ...

麦の唄

1. なつかしい人々 なつかしい風景 ...

ホームにて

ふるさとへ 向かう最終に 乗れる人は ...

宙船(そらふね)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆ ...

世情

世の中はいつも 変わっているから 頑固 ...

Tell Me,Sister

自分が嫌いだった 何もかも嫌だった 嫌 ...

あの娘

やさしい名前をつけたこは 愛されやすい ...

化粧

化粧なんてどうでもいいと思ってきたけれど ...

永遠の嘘をついてくれ

ニューヨークは粉雪の中らしい 成田から ...

ひとり上手

私の帰る家は あなたの声のする街角 ...

帰省

遠い国の客には笑われるけれど 押し合わ ...