evesta歌詞検索

酒よ…追伸(吉幾三)の歌詞ページです。

酒よ…追伸 歌詞

歌:吉幾三

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

涙には幾つもの 思い出がある
心にも幾つかの 傷もある
ひとり酒 手酌酒
演歌を聞きながら
ホロリ酒 そんな夜も
たまにゃ なぁ いいさ

雨の中酔いつぶれ 都会の夜に
持って来た夢捨てた こともある
なぁ 酒よ 何を捨て
何を拾えばいい…
夢で泣く そんな酒
嫌だョ なぁ 酒よ

あの頃を振り返りゃ 夢積む船で
荒波に向かってた 二人して
男酒 手酌酒
演歌を聞きながら
なぁ 酒よ おまえには
わかるか なぁ 酒よ

何事も遠いほど すべて恋しい
何も無い暮らしさえ 笑えたな
アパートの赤電話
今でもあるだろうか
ふるさとが近かった
こわれた赤電話

飲みたいよ浴びるほど 眠りつくまで
男には明日がある わかるだろう
詫びながら 手酌酒
演歌を聞きながら
愛してる これからも
わかるよ なぁ 酒よ

飲むほどにしみて来る 十五の春が
遠くから聞こえてく 汽車の音
降り出した この雨が
昔を流すなら
なぁ 酒よ おまえには
涙を 流させる

夜空には屋台酒 男の愚痴を
さみしさも わびしさも この酒に
なぁ オヤジ 若い頃
話してくれないか
ばあちゃんや おふくろの
話を なぁ オヤジ

居酒屋の片隅に 置いてたギター
つまびけば歌い出す 演歌節
冷酒と酔いどれと
泪とふるさとと…
年老いた父と母
子供と なぁ 女房

冷酒と酔いどれと
泪とふるさとと…
年老いた父と母
子供と なぁ 女房
わかるよ なぁ 酒よ

吉幾三について

青森より上京後、作曲家・米山正夫氏に師事。昭和47年「恋人は君ひとり」(芸名:山岡英二)でデビュー。昭和52年11月25日「俺はぜったいプレスリー」を発表し、『吉幾三』に改名して、シンガー・ソング・ライターとして再デビュー。その後は、本格的な叙情演歌「雪国」が大セールスを記録し、イロもの的な印象を払拭。さらに「酒よ」「酔歌」といったヒット曲で一躍大御所の仲間入りに。
吉幾三の人気歌詞
と・も・子…

(せりふ) とも子と二人で暮らしてた頃 ...

俺ら東京さ行ぐだ

テレビも無エ ラジオも無エ 自動車もそ ...

Dream

住みなれた 我が家を 雲と 青空の下 ...

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの ...

酒よ

涙には幾つもの 思い出がある 心にも幾 ...

雪國

好きよあなた 今でも今でも 暦はもう少 ...

酔歌

ぽつり ぽつりと 降りだした雨に 男は ...

娘に…

幸せに なるんだよ 二人してきっと 涙 ...

かあさんへ

あなたの背中で… かあさん あなたの腕 ...

立佞武多

※ヤテマレー ヤテマレー ヤテマレー ...

これが本当のゴルフだ!!

ハァ~ パ-も無ェ ボギ-も無ェ バ- ...

男ってやつは…

ひざを合わせて 男の酒は 飲まなきゃ ...

百年桜

雪解けの 岩木山(いわきさん) 隠すよ ...

津軽平野2011

津軽平野に 雪降る頃はヨ 親父(おどう ...

風に吹かれて…

お前とあの時 出逢ったあの日 季節は春 ...

岩木川

今でも 町を流れる 雪解けの水は輝き ...

俺はぜったいプレスリー

俺は田舎のプレスリー 百姓のせがれ 生 ...

出逢いの唄

激しい道を 歩いていたら 激しい奴に  ...

酔歌…追伸

北の雪降る 海風を受けて 夢を語った ...