evesta歌詞検索

螢篭(志賀勝)の歌詞ページです。

螢篭 歌詞

歌:志賀勝

作詞:喜多條忠

作曲:荒木とよひさ

あれは十八縁日で
お前が買った螢篭
わが身こがして夏を乞う
哀れにそっと解き放ち
一つはなせば するすると
二つはなせば お前の頬を
かすめて光る恋だった あゝ恋だった

おれが二十才かあの頃は
かすかに光る螢篭
浴衣のお前抱き寄せて
別れをそっと打ちあけた
一つはなせば するすると
二つはなせば お前の頬を
涙が伝う恋だった あゝ恋だった

お前どうしているだろか
遠くに見える螢篭
時のたつまま流されて
故郷すらも帰れない
一つはなせば するすると
二つはなせば お前の頬を
かすめて光る恋だった あゝ恋だった

志賀勝について

室田日出男、川谷拓三、岩尾正隆らと悪役俳優として頭角を表し『仁義なき戦い』シリーズに出演。
志賀勝の人気歌詞

(セリフ)「わいは役者の志賀 勝や 知 ...

(セリフ)久し振りでんな 志賀 勝や! ...

苦しみや 悲しみを 逃れるように すが ...

俺のいい時ゃ 来た奴も 落目になったら ...

(セリフ)「私 生まれも育ちも京都です ...