雨が空から降れば 歌詞

歌:小室等

作詞:別役実

作曲:小室等

雨が空から降れば
オモイデは地面にしみこむ
雨がシトシト降れば
オモイデはシトシトにじむ

黒いコーモリ傘をさして
街を歩けば
あの街は雨の中
この街も雨の中
電信柱もポストも
フルサトも雨の中
しょうがない
雨の日はしょうがない

公園のベンチでひとり
おさかなをつれば
おさかなもまた
雨の中
しょうがない
雨の日はしょうがない

しょうがない
雨の日はしょうがない

しょうがない
雨の日はしょうがない…

小室等について

1961年 「ジ・アローズ・フォー・ジミー」を結成。 その後、フォークグループ「PPMフォロワーズ」「六文銭」を経て、ソロ活動。 1972年 第2回世界歌謡祭にて、「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)で、グランプリを獲得。 1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立する。
小室等の人気歌詞
お早うの朝

ゆうべ見た夢の中で ぼくは石になってい ...

いま 生きているということ

生きているということ いま生きていると ...