evesta歌詞検索

お七(島津亜矢)の歌詞ページです。

お七 歌詞

歌:島津亜矢

作詞:星野哲郎

作曲:村沢良介

“吉さま恋しや ホーレヤホー"

とろりとろりと 命火燃える
ところは駒込 吉祥寺(きっしょうじ)
武兵衛はお七に 横恋慕
天国(あまくに) 宝剣 盗みどり
あー 雪が 雪が舞う
お七 十六… 恋あわれ

「すべてこの世は夢芝居… 降る雪を袖にてはらう
みだれ髪… いとしき人に逢いたくて 夜更けに灯
す命火は師走間近な吉祥寺 花のお江戸に火をつけ
る そんな大それたことなど思いもよらぬ事 吉三
郎さまとこのお七の仲を知りながら お七を嫁にと
嫌な武兵衛の無理難題 あぁ羽が欲しい 飛んで行
きたいあなたの側へ 恋の闇路をひとすじに 思い
つめれば心も乱れ 罪は覚悟の火をつける…」

木戸が閉まって まっくら闇夜
火の見櫓に かけ登り
お七は火事じゃと 半鐘打つ
火あぶり覚悟で 半鐘打つ
あー 雪が 雪が舞う
するりするりと… 木戸が開く

「唇に別れ名残りの紅をさし お七涙の鐘を打つ…
ああ あの鐘の音は早や九つの知らせなり… た
とえ地獄に落ちるとも 吉三郎さまとの恋のために
死ねるお七は倖せものでございます おんな心とは
儚いもの… いつかこの身は焼き尽くされようと
嘘偽りで生き延びようなどとは思いませぬ お七は
吉三郎さまに抱かれてあの世へ参りとうございます
ひとめだけでも ひとめだけでも吉三郎さまに逢わ
せて下さいませ お願いでございます… お願い…
お願いでございますーっ…」

恋は火を呼ぶ その名の通り
炎と燃えます おんな舞
未練をみちづれ 地獄道
夢みてかなしや 鈴ヶ森
あー 雪が 雪が舞う
お七吉三の… 焦がれ節

「吉三郎さま… お七を お七を連れて逃げて下さ
いませ… 吉三郎さまーっ…」

島津亜矢について

昭和61年5月21日「袴をはいた渡り鳥」でデヴュー。平成13年12月紅白歌合戦初出場。
島津亜矢の人気歌詞
帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば ...

大器晩成

枝を張るのは まだ早い いまはしっかり ...

梅川

(セリフ)逢うこと叶わぬひとに 逢いた ...

海鳴りの詩

五体に刻んだ 赤銅色(しゃくどういろ)の ...

大事なものほど 根っこのように 見えぬ ...

感謝状 ~母へのメッセージ~

ひとりだけの とき 誰もいない とき ...

愛染かつらをもう一度

花と嵐の青春を 涙と共に 生きるとき ...

阿吽の花

紫陽花を 紫陽花を ひとまず白に 染め ...

瞼の母

軒下三寸 借りうけまして 申しあげます ...

おつう

「日本に古くから伝わる民話 美しくも哀 ...

流れて津軽

よされよされと しばれて積もる 雪はお ...

岸壁の母

母は来ました 今日も来た この岸壁に  ...

森の石松

山が富士なら 男は次郎長 あまた子分の ...

お梶 ~「藤十郎の恋」~

噛んだ 唇 したたり落ちる 血で書く名 ...

おさん

ひとり寝は… そっと茂兵衛に逢いたくて ...

君と見てるから

人はいつから 何かを愛し 何を疎むように ...

アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

あのね いつの間にか 気づいたんだ 愛に ...

かあちゃん

最後にかあちゃんと 話しをしたのは 木 ...

一本刀土俵入り

男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きて ...

都会の雀

雀 雀 都会の雀 雀 雀 夜明けの雀 ...