evesta歌詞検索

青春(槇原敬之)の歌詞ページです。

青春 歌詞

歌:槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

エアコンの効かない部屋で
君を抱きしめた
背中に伝う汗で 僕は何度もさめた
ビューラーをかけてる君を
鏡越しに見てた
僕も一緒になって 半分口を開けてた

「バカみたい」
そう思えるだけ
まだマシなのかな
大切なものはすぐ捨てて
どうでもいいものを守る人たちより

青春はぬぎちらかした服の山の下
青春はビーズののれんの向こう側
青春は暗号のような言葉の中
夢と自分の間に流れる川

受験も選挙も結婚も
形にした後
誓いを捨ててしまう人もたくさんいるから
せめて この僕と君が
あの日 誓い合った
気持ち 間違いだとしても 終わるまで愛と信じよう

「バカみたい」
言われなくても
自分でわかってるよ
飽きるほど 鏡を見てるのは
はねた髪の毛と
はねた気持ち何とかしたいから

青春は針飛びをしたレコードみたいに
何回も同じキスを繰り返して
その中で世界で一番すてきなやつを
見つけられると信じている僕ら

僕らの小さな小さな心の部屋
たいしてきれいにしてる訳じゃないけど
嘘という泥の付いた靴をはいてるなら
落としてからじゃないと入れないよ
簡単だよ 裸足になればいい

槇原敬之について

1990.3.「AXIA MUSIC AUDITION’89」で"グランプリ"と"一万人審査員賞"を受賞。 10.25 シングル 「NG」、アルバム 『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビュー。 1991.7.29 「どんなときも。」がオリコン・シングル・チャートで1位に輝く。
槇原敬之の人気歌詞
どんなときも。

僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰 ...

もう恋なんてしない

君がいないと 何も できないわけじゃない ...

僕が一番欲しかったもの

さっきとても素敵なものを 拾って僕は喜 ...

遠く遠く

遠く遠く離れていても 僕のことがわかる ...

素直

話を切り出す順番 ゆずってくれたから ...

冬がはじまるよ

8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを ...

SPY

おあずけになったデートに がっかりして ...

Hungry Spider

(Hungry Spider…) ...

軒下のモンスター

突然田んぼの真ん中に 現れたUFOのよ ...

No.1

お互いのことをもう さぐるのはやめよう ...

君は僕の宝物

君が僕を好きだとわかった その日の帰り ...

彼女の恋人

僕の車にそんな風に かんたんに乗れるんだ ...

抱きしめたいと言う言葉の 意味とは裏腹 ...

LOVE LETTER

線路沿いのフェンスに 夕焼けが止まって ...

カイト

キャップの上からフードかぶり ポケット ...

GREEN DAYS

ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがん ...

Fall

何時でも決まった事を 一人で淡々とこな ...

Rain

言葉にできず凍えたままで 人前では ...

印度式

(スイカ ワキ・スネ ワキ・スネ ...

Remember My Name

さっき君に告げたのは 僕の名前だけど ...