evesta歌詞検索

悲しい意地(宮史郎)の歌詞ページです。

悲しい意地 歌詞

歌:宮史郎

作詞:石本美由起

作曲:西條キロク

女の愛は いのちでも
男の愛は 出来ごころ
惚れて捧げて 尽くして燃えて
後は切なさ 残るだけ
意地でこらえる この悔しさも
浮気ネオンにゃ わかるまい

捨てたら嫌と すがりつく
その手を払う 罪な奴
嘘か真実(まこと)か こころの彩(いろ)に
見分けられない 恋でした
意地でこらえる 涙の裏に
にじむ悲しさ 情けなさ

唇 寒い 秋が来て
私の青春(はる)は 返らない
命ぎりぎり 運命(さだめ)を預け
愛に溺れた お馬鹿さん
意地でこらえる 溜息さえも
胸に隠した 傷にしむ
宮史郎の人気歌詞
ひとり酒

だめじゃないかと しかってくれる やさ ...

片恋酒

好きで呑んでるお酒じゃないわ ひとりが ...

浪花ふたり道

優しい笑顔に ほだされて ほろり「ほ」 ...

にがい酒

冷でいいから おじさん注いで ついでに ...

濡れおんな

荒れて飲んでも 酔えないお酒 知ってい ...

妻と呼ばれて

私のこころを しびれさす あなたの吐息 ...

おんな化粧花

雨の酒場で 今夜もひとり 女がのむ酒 ...

酔いざめ未練酒

寒く凍った 昔の傷は 熱い情に 溶かさ ...

あなたの背中

一緒になろうと 屋台の酒で かわした契 ...

霧の湯布院

阿蘇のやまなみ涙でみつめ ひとりで来ま ...

酒春秋

男がひとりで 呑む時は 古びた暖簾の ...

女のみちパート2

連れていってよ どこまでも ついて行き ...

恋の川

惚れちゃ駄目よと 言いながら 離れない ...

酔町情話

素面じゃなんにも 言えなくて 酔ったふ ...

女の旅路

貴男一人を 死なせはしない 何もとりえ ...

女の却火

俺を選ぶか 世の中とるか にくい台詞で ...

涙のグラス

心も身体も ひとつだと 言ったあなたは ...

命のかぎり

晴れの日 雨の日 苦労に耐えて 涙みせ ...

女の坂みち

泣きはしないと 強がる裏で 泣いた私が ...