evesta歌詞検索

酒場すずめ(村上幸子)の歌詞ページです。

酒場すずめ 歌詞

歌:村上幸子

作詞:山田孝雄

作曲:四方章人

涙という木に 止まった鳥は
人のやさしさ 忘れない
どうせ俺らは 酒場のすずめ
ちゅんちゅん ちゅんちゅん
ちゅんちゅん ちゅんちゅん
注いでおくれよ 情の酒を

幸せ探して お前も俺も
遠い故郷 捨てて来た
体寄せ合う 酒場のすずめ
ちゅんちゅん ちゅんちゅん
ちゅんちゅん ちゅんちゅん
泣いてくれるな 裏町ギター

春の木漏れ陽 ここ迄おいで
ビルの谷間の横丁に
今日も集まる 酒場のすずめ
ちゅんちゅん ちゅんちゅん
ちゅんちゅん ちゅんちゅん
お前のもうよ 人恋酒場

村上幸子について

1979年に「雪の越後をあとにして」でデビュー 1984年に「酒場すずめ」をヒットさせ、その後も「放浪記」「純情物語」などを歌った。 1990年7月23日死去
村上幸子の人気歌詞
不如帰

命二つを 結ぶ糸 ちぎれて哀し 相模灘 ...

それなりに青い鳥

爪を噛む 女にだけ 聴こえる あの歌は ...

北の港のみれん船

北の港の 桟橋に あなたがつないだ み ...

螢火情話

暗い海鳴り 窓の外 ため息一つ肩です ...

にごりえ

灯り喰えて 沈む身に 似てやしないか ...

京の川

生きるか 死ぬかの 恋をして 女は綺麗 ...