evesta歌詞検索

花筏(長保有紀)の歌詞ページです。

花筏 歌詞

歌:長保有紀

作詞:木下龍太郎

作曲:中村典正

川に舞い散る 桜の花が
寄り添いながら 流れてく
あなたとこのまま
乗って逃げたい 花筏(はないかだ)
叶わぬ願いと 承知のはずが
無理を言いたい 女なら

愛し合っても 世間の風は
二人にゃつらい 向かい風
もしやに賭けてた
女ごころの 渡し舟
人目の届かぬ はるかな岸へ
なんで渡さぬ 花の舟

七日(なぬか)桜と
呼ばれるけれど
春来るたびに
また開く
あなたと見るのは
今年かぎりの 花筏
この手に触れても 掴めぬ夢を
載せて見送る 別れ橋
長保有紀の人気歌詞
うきよ川

生きるつらさも 嬉しさも 乗せて流れる ...

女磨いてきちゃうから

愛してね 愛してね 離れていても 神様 ...

人生(ブルース)

父と呼べない男のあとを 形振(なりふ) ...

そばがいい

あなたといつも 暮せるならば 何もいら ...

つよがり

心だけ下さい 不憫な女です 人目忍んで ...

雪つばめ

冬の木枯らし 恋枯らし 落ち葉みたいに ...

ひとり宿

ひと汽車遅れて 行くという あなたの嘘 ...

夢ひとつ

あなた待つ夜は 三十路が十九 恋は耳ま ...

一緒に生きたい

いろいろあった 男と女 赤い絆を たぐ ...

俄か雨

軒のしずくを 手でうけて あなたの寝顔 ...

おんなの浪花節

三月(みつき)もったら お慰み おため ...

夜の東京

嘘で濁った シャンデリア 赤いドレスの ...

虹の橋から

覚えています 目と目が合って 運命みた ...

お酒でワルツ

優しい男は 嘘つきだって 港のカモメも ...

外国船

湊が見える酒場の隅に 別れの手紙 置い ...

出直したいの

うしろ振り向きゃ 両の手で ひろえぬ涙 ...

泉州恋しぐれ

惚れた私にゃ 気のないあんた 岸和田イ ...

根無し草

風の通りが いい家(うち)で 庭には柘 ...

酒唄

思い断ち切る 酒なのに 飲めば心が 燃 ...