evesta歌詞検索

夏は憶えている(槇原敬之)の歌詞ページです。

夏は憶えている 歌詞

歌:槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

夏の草をかき分けながら
川の石をどかしながら
何かを探す子供達に 夏は日を長くしてくれる
海も山もないこの街で
鞄と携帯で塞がった
両手じゃどんな季節にだって
手も振れないと思ってた
店先に出まわり始めた スイカの赤い切り口が
笑っているように見えたのは
僕の中にいる あの夏の子供の仕業だね

※例えどんな場所にいても
自分で探さなければ
何も見つけられない
僕が忘れていただけで
どの年にいた子供の顔も
夏は憶えている※

真っ赤に焼けた体を 夕立が急いでさます
刀鍛冶のように夏は 子供達を強くしてくれる
誰かが撒いた打ち水が 誰かに涼しい風を送る
次はどんな自分に なりたいのか解った気がした
蛍がたくさん集まる川や
アケビがなる場所を 見つけては胸を高鳴らせ
走って帰った 瑠璃色の遅い夕暮れ
例えどんな場所にいても あんなに楽しかったのは
喜ぶ顔を見てたから
僕が忘れていただけで どの年にいた子供の顔も
夏は憶えている

虫かごを斜めにかけてた君を
タオルをクビに巻いてコーラを飲む君を
勉強帰りホームに立っていた君を
夏は 忘れはしない

(※くり返し)

槇原敬之について

1990.3.「AXIA MUSIC AUDITION’89」で"グランプリ"と"一万人審査員賞"を受賞。 10.25 シングル 「NG」、アルバム 『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビュー。 1991.7.29 「どんなときも。」がオリコン・シングル・チャートで1位に輝く。
槇原敬之の人気歌詞
どんなときも。

僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰 ...

もう恋なんてしない

君がいないと 何も できないわけじゃない ...

僕が一番欲しかったもの

さっきとても素敵なものを 拾って僕は喜 ...

遠く遠く

遠く遠く離れていても 僕のことがわかる ...

素直

話を切り出す順番 ゆずってくれたから ...

冬がはじまるよ

8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを ...

SPY

おあずけになったデートに がっかりして ...

Hungry Spider

(Hungry Spider…) ...

軒下のモンスター

突然田んぼの真ん中に 現れたUFOのよ ...

No.1

お互いのことをもう さぐるのはやめよう ...

君は僕の宝物

君が僕を好きだとわかった その日の帰り ...

彼女の恋人

僕の車にそんな風に かんたんに乗れるんだ ...

抱きしめたいと言う言葉の 意味とは裏腹 ...

LOVE LETTER

線路沿いのフェンスに 夕焼けが止まって ...

カイト

キャップの上からフードかぶり ポケット ...

GREEN DAYS

ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがん ...

Fall

何時でも決まった事を 一人で淡々とこな ...

Rain

言葉にできず凍えたままで 人前では ...

印度式

(スイカ ワキ・スネ ワキ・スネ ...

Remember My Name

さっき君に告げたのは 僕の名前だけど ...