evesta歌詞検索

能登の海(綾世一美)の歌詞ページです。

能登の海 歌詞

歌:綾世一美

作詞:下地亜記子

作曲:伊藤雪彦

岬おろしが 肌を刺す
霙まじりの 能登の海
沖で群れ飛ぶ 鴎さえ
話相手が あるものを
なぜに なぜに なぜに なぜにひきさくの
恋の運命の 哀しさよ

道をたずねる 人もない
季節はずれの 能登の海
女泣かせの 想いでが
波のまにまに また浮かぶ
涙 涙 涙 涙こらえても
忘れられない 面影よ

肩に舞い散る 波の花
鉛色した 能登の海
めぐり逢う日は もう二度と
ないと思えば 尚つらい
あなた あなた あなた あなた恋しいの
女心の せつなさよ
綾世一美の人気歌詞
木屋町の女

傘のしずくを 目で追いながら まわす未 ...

霞見坂

墨絵ぼかしの 町並暮れて お店に憂き世 ...