evesta歌詞検索

お入り(芦屋雁之助)の歌詞ページです。

お入り 歌詞

歌:芦屋雁之助

作詞:鳥井実

作曲:双葉 あきら

雨の夜更けに 肩ふるわせて
父さんごめんと 泣きながら
小窓を叩いて いる娘
何年振りやと 云いたいけれど
そんな娘を 叱りも出来ず
帰って来たかと 親ごころ

(セリフ)風邪引かんうちに 中へお入り…

少しやつれた 娘の顔を
見つめているのが つらいから
今夜はだまって 寝るがいい
気まずいままでは 話も出来ぬ
明日は娘も こころを開き
素直に話して くれるだろ

(セリフ)サァ お入り…

お前ひとりで 生きてるならば
父さんなんにも 云わないが
そうやないだろ なァ娘
ぬくもりあるだろ この家だって
涙拭いたら 笑顔になって
今よりきれいに なるんだよ

(台詞)いつまでも泣いとらんと サァ早よお入り…

芦屋雁之助について

戦後、弟の芦屋小雁と漫才コンビでデビュー。 TVドラマ「番頭はんと丁稚どん」の番頭役で人気を獲得する。 その後、舞台や映画に活躍の場を広げる。 1980年に始まったTVドラマ「裸の大将放浪記」シリーズの山下清役がお茶の間に定着する。 2004年4月7日死去。
芦屋雁之助の人気歌詞
娘よ

嫁に行く日が 来なけりゃいいと おとこ ...

息子へ

親元はなれて 世間にもまれ 人の情を ...

こんこん昆布つゆ

※こんこんこん こんこんこん こんこん ...

山河のむこうに故郷が

夕陽に追われ あの友と 白線帽子 投げ ...

再婚同志

仲間があれこれ ひやかしながら 二度目 ...

父娘

久しぶりだね お前と二人で こうして酒 ...

今夜は女房と

気苦労ばかりが 多すぎて 夢見るひまさ ...

コップ酒

手塩にかけた 娘も嫁つぎ ぽっかり空い ...