evesta歌詞検索

アシタヘカエル(CHEMISTRY)の歌詞ページです。

アシタヘカエル 歌詞

歌:CHEMISTRY

作詞:麻生哲朗

作曲:ハマモトヒロユキ

少し遠いけど 歩いて帰ろう タイルふたつの いつもの歩幅で

「こうして歩いていけば
いつかはちゃんと部屋に辿り着いているんだろうなぁ…」

足踏みしてる 言い訳ばかりを
かき集め続けても どこへも進めはしないまま

バランスとって 足を踏ん張って 立ちつくし続けても
昨日を繰り返してるだけじゃ きっとボクは
どこへも辿り着けはしないまま

角を曲がると 三日月が見えた 風が静かに 背中に回った

「こうして歩いていれば
どんなにささやかでも景色は変わってくんだなぁ…」

その場しのぎの マチガイ探しを
繰り返し続けても 答えは見つけられないまま

迷ったときも 怯えてるときも 隠れていた灯りが
向こうでいま輝いたように ずっとボクが 歩けば景色だって変わってく

「遠くて見えないけれど
目指した場所が消えてしまったワケじゃないんだろ?」

足踏みせずに 言い訳もせずに
胸に抱き続けてる はるかなヒカリまで一歩ずつ

昨日のボクを繰り返すだけの 明日にならぬように
少しでも踏み出してくことを 誓いながら 部屋まで歩きながら帰ろう

アシタへ歩きながら帰ろう

CHEMISTRYについて

川畑要(’79年1月28日生まれ/東京都出身)、堂珍嘉邦(’78年11月17日生まれ/広島県出身) 「ASAYAN男子ヴォーカリスト・オーディション」決勝の仮デビュー3組の中からメジャー・デビューの栄冠を勝ち取った川畑要・堂珍嘉邦によるデュオ。
CHEMISTRYの人気歌詞
Point of No Return

夏草が流れてく イタズラに ちぎられ 捨 ...

It Takes Two

街の風に冷たい粒 家路を急ぐ群集にまぎれ ...

Period

終わりなき旅の途中 立ち止まりそうな時 ...

My Gift to You

幼い頃の冬といえば 凍えるだけの季節( ...

Wings of Words

慰めながら 不謹慎だけど 泣いてる顔も ...

最期の川

なぜに空見上げるのだろう? どこかで立 ...

You Go Your Way

そんな瞳で僕を見つめられると 別れのせ ...

PIECES OF A DREAM

デタラメな夢を好き勝手ばらまいて オモ ...

約束の場所

無理かも知れないように 思えても僕は ...

星たちの距離

似てやしない 姉弟なんて 嘘 ためらっ ...

SOLID DREAM

朝靄に信号待ちが長い 歩き慣れているはず ...

君をさがしてた~THE WEDDING SONG~

きっと気づけなかった 君に初めて出会う ...

いとしい人

木漏れ日の遊歩道 やわらいだ キミの笑 ...

合鍵

君らしく 愛らしく 赤いストラップ揺れる ...

BROTHERHOOD

(DABO)Bang! 鼻っ面 蹴っ飛ば ...

愛しすぎて

過去をしのぶひとときさえ 胸にやどる想い ...

Angel

傷だらけだっていい(まやかしは続かない) ...

deep inside of you

小さな笑い声の後 残った静けさ 不意の ...

BROTHERHOOD (KAWABATA and DABO)

Bang! 鼻っ面 蹴っ ...

ラブ・イズ・オーヴァー

Love is over 悲しいけれど ...