evesta歌詞検索

浮雲ふたり(神野美伽)の歌詞ページです。

浮雲ふたり 歌詞

歌:神野美伽

作詞:荒木とよひさ

作曲:岡千秋

浮雲みたいに このままふたり
流れて行けたら いいでしょうね
あなたの影を 踏まないように
わたしは心で 生きてる女
綺麗な愛だけ 信じます

小枝のつぼみは わたしの花ね
少しの陽だまり 下さいね
あなたの胸の 小さな庭で
わたしは心で 生きてる女
綺麗に咲く日を 信じます

遠くの浮雲 見つめるよりも
近くのわたしを 見つめてね
あなたのそばを 離れぬように
わたしは心で 生きてる女
綺麗な涙を 信じます

神野美伽について

本名:  荒木美佳 特技:  少林寺拳法(二段)       書道二段、韓国語       日舞名取「花柳糸美之」
神野美伽の人気歌詞
手紙

もしもボクが 死んだなら 君をひとり ...

男船

荒れて 荒れて牙むく北海しぶき 来るな ...

酔歌(ソーラン節入り)~シングルバージョン~

ぽつり ぽつりと 降りだした雨に 男は ...

春夏秋冬 屋形船

一寸先は 夕まぐれ 江戸の真ん中 お台 ...

あんたの大阪

あなたは不器用で 生き方も下手やけど ...

みさお酒

あんたの形見の この盃に 三日月浮かべ ...

四万十川

酒くらって 酔って 酒くらって 酔って ...

石狩哀歌

潮の香りとョ 打ち寄す波がョ ちょいと ...

もう一度恋をしながら

もしも10歳くらい 若くなれたら 忘れ ...

朝日楼 ~朝日のあたる家~

私が着いたのはニューオーリンズの 朝日 ...

日本の男

銭じゃ買えない ものがある 人の情けと ...

瀬戸内情歌

南 火の国よ 北 雪の国 ここは 瀬戸 ...

帰れないんだよ

そりゃ死ぬほど 恋しくて とんで行きた ...

釜山海峡

指先に 夕日が沈む 烏賊釣岬の 九十九 ...

北風に凍えて ひざを抱き 酒でぬくめる ...

冬の月

たとえ罪なら 罪でいい ふたり夜更けの ...

命の恋

花さだめに散る桜 ああこの恋も 散りゆ ...

北港

雪が舞い込む 暖簾の裾に 細腕ひとつで ...

舟唄 ~ダンチョネ節入り~

泣いてるのか 夜更けてひとりよ 遠い空 ...

花一輪

やっと一息 これから先は 歩く人生 人 ...