evesta歌詞検索

太陽(コブクロ)の歌詞ページです。

太陽 歌詞

歌:コブクロ

作詞:小渕健太郎

作曲:小渕健太郎

あの夏の太陽 追いかけ裸足で 走った
遠い街から来た 君は 僕の太陽

たぶん空から 降ってきたのだ それが夢でも見ているか?だよ
他の娘たちに 失礼だけど しかし こうも違うものか?
話したいけど 話題が無くて 隣の席が 遠く感じてた
でも君のこと もっと知りたくて イタズラばかり

普通に話せるのは 夢の中でだけ‥
あぁ 胸が苦しいよ 愛とか恋とか まだ良くわかんなかったけど

あの夏の太陽 追いかけ裸足で 走った
ドロだらけの Tシャツ 君に 夢中だった

ついにこの日が やってきました 運命の日 今日は席替えだ
七夕様に お願いしたよ 君の隣になるように
そうはいかずに 離れ離れさ うつむく僕に 君がくれた
黄緑色の 小さな手紙 「一緒にかえろう」って

突然おそった 夕立に 逃げ込んだ木かげで
初めて 手を握った 雷が鳴る度に ぎゅっとぎゅっと握ってた

夕暮れの坂道 君の影長く映した
石ころけりながら ずっとずっと追いかけた

知らない名前の街に 行ってしまうんだね‥
昨日僕と居るときは トンボの話しかしなかったのに どうして?

あの夏を最後に 君の姿は見てないけど
これだけは言える あれが僕の初恋

誰もが胸焦がした あの初めての恋のように
誰かをまた優しく 愛せればいいな

あの夏の太陽 追いかけ裸足で 走った
遠い街から来た 君は 僕の太陽
君は もう戻らない 君は 僕の太陽

コブクロについて

小渕健太郎(こぶちけんたろう)  1977年3月13日生まれ  身長168cm  宮崎県出身  O型 黒田俊介(くろだしゅんすけ)  1977年3月18日生まれ  身長193cm  大阪府出身  O型 1998年5月、サニックスのセールスマンの傍ら毎週土曜日に路上ライブをしていた小渕と、ストリート・ミュージシャンをしていた黒田が、堺市の堺東銀座通り商店街で出会い意気投合。同年9月、小渕が黒田に楽曲を提供する事になったが、黒田本人のギターがあまりにも下手だった為、小渕が隣でギターを弾き、コーラスをする事になる。これがきっかけで黒田から小渕に一緒に組もうと声をかける事になった。
コブクロの人気歌詞
Million Films

信号待ち 買い物袋ぶら下げた二人の手 ...

流星

真冬の海辺に映った 白く透明な月が 海 ...

赤い糸

2人ここではじめて会ったのが 2月前の今 ...

名もない花には名前を付けましょう この世 ...

ここにしか咲かない花

何も無い場所だけれど ここにしか咲かない ...

未来

僕が夢を忘れそうな時 君の涙で思い出す ...

永遠にともに

心が今とても 穏やかなのは この日を ...

今、咲き誇る花たちよ

微笑みを絶やさない 太陽に照らされて ...

涙 こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ ...

STAY

愛すべき 人と出会い 全てを失って 砂 ...

時の足音

別れの季節に揺れる 儚き一輪花 同じ温 ...

風見鶏

何気なく交わした約束が 心の道を照らすよ ...

君という名の翼

しわくちゃの写真には まぶしかった時間と ...

YELL~エール~

どんなに小さなつぼみでも 凍える冬を超え ...

そばにいれるなら

出会うのが遅すぎたんだね 違う場所で違う ...

薄手のシャツじゃまだ 少し寒い春の 朝 ...

轍-わだち-

そんなに遠い目をして 君は何を見ているの ...

DOOR

この海を渡ったら ずっとそばに居よう… ...

miss you

悲しみの涙が今 まぶた震わせる 切なく ...

YOU

君を想えば何も 何も怖くは無いほど 僕 ...