きみの朝 歌詞

歌:岸田智史

作詞:岡本おさみ

作曲:岸田智史

横たわるきみの顔に
朝の光が射している
過去の重さを洗おうとして
たどりついた深い眠りよ
別れようとする魂と
出会おうとする魂と
あゝ心より躯のほうが
確かめられるというのか

※モーニング モーニング
きみの朝だよ
モーニング モーニング
きみの朝だよ※

急ぎ足 ふととめて
ふりかえれば夕焼けが
この先いくら生きて行くのか
こんな暮し 仮の姿と
生まれようとする魂と
老いぼれてゆく魂と
あゝ人間のはしくれに
生まれてきたというのに

(※くり返し)

群衆をのみこんだ
都会の悲しみの渦の中に
コーヒー一杯分のやさしさを
そそぎこむ ぼくの唄よ
かわろうとする魂と
よどんでしまう魂と
あゝ躯じゅう輝きながら
旅立ってゆけ朝に

(※くり返し×2)
岸田智史の人気歌詞
比叡おろし

京都の町が 淋しくなる 人も疎らな 比 ...

黄昏

枯葉散る季節になって 靴音さえも消えま ...

蒼い旅

寒空に消えてゆく 群れた冬鳥 おまえ ...

重いつばさ

いらない もういらない ことばだけの ...

夕陽のなかで

ざわめきの街に さまよいでても きみは ...