夜霧 歌詞

歌:加門亮

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

黄昏にうるむ 港灯(ハーバーライト)よ
涕(な)いてくれるか わかれの わかれの夜を
おとなどうしの 粋なさよなら
気どってみても 吐息…なみだ
いっそこのまま 旅にでようか
夜霧にまぎれて ふたりきり

霧笛が揺する 茉莉花(ジャスミン)の花
夢のあとさき 飾って 飾っておくれ
消すに消せない むねの焔(ほむら)を
抱(いだ)き抱(いだ)かれ とけて…ひとつ
いっそこのまま 風になろうか
夜霧の彼方へ ふたりきり

残りすくない ときの流れに
求めあっても やがて…夜明け
いっそこのまま 風になろうか
夜霧の彼方へ ふたりきり

加門亮について

1988年9月、シングル「海峡物語」(作詞・吉田旺、作曲・中村泰士)でデビュー。横浜音楽祭優秀新人賞受賞。 1995年、「男の慕情」がヒット。第46回NHK紅白歌合戦に初出場。
加門亮の人気歌詞
小樽でもう一度

とどけにきたよ 夜霧に濡れて おれがこ ...

男の慕情

港夜霧に 濡れて交わした わかれくちづ ...

偲び逢い

風が出て来たね 夜も震えてる おまえの ...

神戸北クラブ

しのび逢う夜の 短かさを うらむその眸 ...

麗子

あなただけ あなただけ 他になんにもい ...

リラ冷えの街

これで終りに しようねと 決めた惜別の ...

しゃれた恋

おとなどうしの 恋だから あまい言葉は ...

霧情のブルース

口笛も凍る みなとハコダテ 誰かあいつ ...

東京もどり雨

からだ壊しちゃいないか 愛に出会えたか ...

男のグラス

グラス揺らせば カラカラ カラと 胸の ...

海峡物語

今頃あの娘は 故国へ旅立つフェリーの上と ...

泣いてもいいよ

(セリフ)「遠回りしたけど おまえのとこ ...

黒のララバイ

嵐に野薔薇が 散った夜 旅路の果てで ...