津和野川 歌詞

歌:島津悦子

作詞:木下龍太郎

作曲:朝月廣臣

馴染んだ指輪を 三日だけ
外す女の くすり指
一度限りの…
貴方と旅に 出たのです
罪を忘れて 寄り添えば
影も重なる 津和野川

殿町通りの 掘割は
あやめ模様の 水鏡
許し合っても…
女の朝は まぶしくて
何度 手櫛で 梳(と)かしても
映る昨夜(ゆうべ)の ほつれ髪

石州瓦(せきしゅうがわら)に 降り出した
雨も泣いてる 名残り宿
妻で通した…
今夜で旅は 終わりです
持って帰れぬ 想い出を
夢に浮かべる 津和野川

島津悦子について

1988年に「しのび宿」でデビュー。
島津悦子の人気歌詞
花のお江戸の艶次郎

丙生まれの おきゃんなあの娘 恋わずら ...

なにわ情話

水の流れと 人の世は ままにならない ...

酔芙蓉

苦しまないでね 私のことで 男が曇れば ...

あずさ川

離れていたって 心は一緒 背伸びして見 ...

熱海、そして雨の中…

大人同士の恋は 秘密がいいの 雨も目か ...

夫婦夢あかり

酒はこの頃 もっぱら家で やっぱり女房 ...

夫婦日和

いままで頑張りすぎたから 休みをくれた ...

焼酎天国II

一つおじゃったもんせ 鹿児島へ ふとか ...

余呉の雨

恋にはぐれた 女が流す 涙の雨が 余呉 ...

港のかもめ

こんな寂しさ おいてゆく 憎いあんたに ...

紙の舟

頬寄せて瞼をとじて あなたの胸で つむ ...

紅ひと夜

椿の花に 舞い翔ぶ雪が 絡(から)むみ ...

鴎のブルース

添い寝する間に 逃げてゆく 男ごころと ...

時雨海峡(しぐれかいきょう)

海のとばりに とじこめられて 月も岬も ...

たそがれ酒場

店は狭いが こころは広い いいの 出世 ...

人生天国

そうさ人生 夢まつり かつぐ命の 大神 ...

べらんめえ

ちょいとおきゃんで 器量(きりょう)よし ...

涙の河

人は誰でも 身体(からだ)のなかに 涙 ...

命ある限り

雪が降ります 白い 白い 雪が降る 二 ...

ご満悦音頭

花の緞帳 さらりと上げりゃ あなたとわ ...