evesta歌詞検索

北の螢(森進一)の歌詞ページです。

北の螢 歌詞

歌:森進一

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

山が泣く風が泣く
少し遅れて雪が泣く
女いつ泣く灯影が揺れて
白い躰がとける頃

もしも私が死んだなら
胸の乳房をつき破り
赤い螢が翔ぶでしょう

※ホーホー螢翔んで行け
恋しい男の胸へ行け
ホーホー螢翔んで行け
怨みを忘れて燃えて行け※

雪が舞う鳥が舞う
一つはぐれて夢が舞う
女いつ舞う思いをとげて
赤いいのちがつきる時

たとえ遠くにはなれても
肌の匂いを追いながら
恋の螢が翔ぶでしょう

(※くり返し×2)

森進一について

1966 6月「女のためいき」でビクターレコードよりデビュー。デビュー曲としては驚異的な35万枚の売り上げを記録。1967 9月「命かれても発売。12月「盛り場ブルース」発売。レコードの売り上げ急上昇で、TBS「歌のグランプリ」、フジTV「ヒット速報」などのヒット賞を獲得。1968NHK紅白歌合戦初出場。1974「襟裳岬」発売、大ヒットとなる。この年「襟裳岬」で日本レコード大賞、日本歌謡大賞ほかを受賞。1980年女優の大原麗子と結婚するが、84年に離婚。1986年歌手の森昌子と結婚。2005年離婚。
森進一の人気歌詞
襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

冬のリヴィエラ

彼女によろしく伝えてくれよ 今ならホテ ...

港町ブルース

背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざ ...

盛り場ブルース

咲いて流れて 散って行く 今じゃ私も ...

年上の女

だから分って ほしいのと そっとからん ...

女のためいき

死んでも お前を 離しはしない そんな ...

東京物語

今日からは赤い爪 あなたに見せない す ...

昭和・平成・令和を生きる

ひとつひとつの 時代を越えて 長い人生 ...

恋月夜

あんたの匂いが 恋しいよ 飾りもなんに ...

望郷

女心の 故郷は 忘れたはずの 男の胸よ ...

命かれても

惚れて振られた 女の心 あんたなんかに ...

花と蝶

花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけ ...

新宿・みなと町

新宿はみなと町 はぐれ者たちが 生きる ...

冬の旅

ある日何かで これを読んだら 恋人 あ ...

うさぎ

あの日はほんとに暑かった 村へと続く白 ...

女の真心

みんながやめろと 言う恋を あきらめら ...

吾亦紅

マッチを擦れば おろしが吹いて 線香が ...

夏子ひとり

夏子が手をふる 北の駅 未練がつないだ ...

ひとり酒場で

ひろい東京に ただ一人 泣いているよな ...