evesta歌詞検索

海峡夜明け前(服部浩子)の歌詞ページです。

海峡夜明け前 歌詞

歌:服部浩子

作詞:仁井谷俊也

作曲:西條キロク

港の霧笛に 急かされながら
無口に改札 くぐります
昨日届いた あなたの手紙
読んで何度も 泣きました
手荷物ひとつで 船に乗る
海峡は 海峡は あゝ夜明け前…

こころの迷いを 振りきるように
岬の灯台 見ています
待っているよと 書かれた文字が
胸のなみだを また誘う
帰ってゆけない 戻れない
故郷へ 故郷へ あゝあの町へ…

飛沫がとび散る 船室の窓で
口紅も一度 引き直す
好きなあなたに 寄り添いながら
生きてゆくのよ 明日から
逢いたい想いが こみあげる
海峡は 海峡は あゝ夜明け前…

服部浩子について

小学5年生の時、日本テレビ「日本ちびっこ歌謡大賞」に出場。「リンゴ追分」を唄いグランプリを獲得。幼いながらも伸びのある声質と歌唱力でスカウトされる。  その後恩師聖川湧氏のもと6年間のレッスンを経て平成2年2月「御神火月夜」でデビュー。その年の新人賞を数々受賞。平成6年3月発売「海峡わかれ町」がカラオケファンに支持され40万枚を超えるヒットとなる。この作品以降、服部浩子はカラオケファンに圧倒的人気を獲得。投票によるNAK流行歌大賞にて二度大賞に輝く。(「海峡わかれ町」 「旅路の花」)
服部浩子の人気歌詞
松竹梅

松は喜び 夫婦は松 心ひとつに 春を待 ...

海峡わかれ町

霧笛 おまえは おんなの胸に なんで冷 ...

わすれ傘

邪魔になったら 何処かに捨てて どうせ ...

上海ボレロ

夜霧の波止場 嘆きのボレロ 誰がために ...

旅路の花

裾をはしょって 駆けこむ船に 港しぐれ ...

風花港

指の先まで ひとすじに 愛したことが  ...

波の花海岸

岩に砕ける 波の花 そっとあなたに 身 ...

涙の終列車

愛の 愛の迷いを たち切れと 隣のホー ...

さくら さくら

女ですもの こぼれた花を 両手に包んで ...

長崎ワルツ

和蘭陀しぐれの 雨が降る あの人 こぬ ...