evesta歌詞検索

心はいつでも17才(seventeen)(竹内まりや)の歌詞ページです。

心はいつでも17才(seventeen) 歌詞

歌:竹内まりや

作詞:竹内まりや

作曲:竹内まりや

込み合うバスの窓に 映った顔が疲れて見えた
今日も暮れてゆく
私だってその昔 ハラハラするよな恋を
いつもしていた teen-age girl
過去が恋しいわけじゃない 今が悲しいわけじゃない
だけど何かが足りない 毎日のくり返し
ほんの一瞬 胸をよぎる思いに 負けそうな
夜に限って 古いビデオながめる 私は
あなたに冷たい 悩める25才(twenty five)

洗い物であふれた シンクの前で溜息ついて
今日が終わってく
私だってあの頃は 夢と希望に燃えてた
いつもまぶしい teen-age girl
女を捨てたわけじゃない スリルが欲しいわけじゃない
だけど何かやるせない もやもやの霧の中
迷いながらも 選べる道はひとつ 皆同じ
立ち止まっても 時は過ぎてゆくから なおさら
今このひととき 大事な35才(thirty five)

愛していないわけじゃない 愛されてないわけじゃない
だったら問題ないじゃない? 青春はこれからさ
あなたに会えた 幸運(しあわせ)を思うたび ほっとする
このままずっと 大人になりきれずに 私の心は
いつでも夢見る17才(seventeen)
時には あなたに 優しい25才(twenty five)
ないものねだりの 得意な35才(thirty five)
でも…ほんとは ほんとは…ほんとは45才(forty five)!

竹内まりやについて

1978年、シングル『戻っておいで・私の時間』、アルバム『BEGINNING』でデビュー。1979年のシングル『SEPTEMBER』、1980年のシングル『不思議なピーチパイ』などが大ヒットし、人気シンガーに。1982年4月に山下達郎と結婚。その後も、「駅」「純愛ラプソディー」などリリースする曲が続々ヒット。1994年のアルバム「インプレッションズ」は380万枚の大ヒットとなった。
竹内まりやの人気歌詞
元気を出して

涙など見せない 強気なあなたを そんな ...

いのちの歌

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたび ...

人生の扉

春がまた来るたび ひとつ年を重ね 目に ...

プラスティック・ラブ

突然のキスや熱いまなざしで 恋のプログ ...

カムフラージュ

友達以上の気持ち 胸に閉じ込めてきたけれ ...

夢の続き

BabyBabydon't look s ...

告白

Why? 寝つかれぬ夜 鳴り響く電話のベ ...

もう一度

夜毎 つのる想いに 胸を熱くした日々 ...

見覚えのある レインコート 黄昏の駅で ...

幸せのものさし

Count what you have ...

September

からし色のシャツ追いながら 飛び乗った ...

今を生きよう(Seize the Day)

とかくこの世は行き辛くて ままならぬこと ...

家に帰ろう ~マイ・スイート・ホーム~

恋するには遅すぎると 言われる私でも ...

マンハッタン・キス

Don't disturb 閉ざされた ...

OH NO, OH YES!

ひとつひとつ消えてゆく オフィス街の窓 ...

すてきなホリディ

近づいている 冬の足音 耳を澄ませば ...

不思議なピーチパイ

思いがけない Good timing ...

純愛ラプソディ

明るいだけが取り柄でも 私だって命がけ ...

ミラクル・ラブ

こんな近くにいたのにどうして 気づかな ...

夏のモンタージュ

誰にでもひとつぐらいは 忘れられない夏が ...