函館の女 歌詞

歌:北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

はるばるきたぜ 函館へ
さかまく波を のりこえて
あとは追うなと 言いながら
うしろ姿で 泣いてた君を
おもいだすたび 逢いたくて
とても我慢が できなかったよ

函館山の いただきで
七つの星も 呼んでいる
そんな気がして きてみたが
灯りさざめく 松風町(まつかぜちょう)は
君の噂も きえはてて
沖の潮風 こころにしみる

迎えにきたぜ 函館へ
見はてぬ夢と 知りながら
忘れられずに とんできた
ここは北国 しぶきもこおる
どこにいるのか この町の
ひと目だけでも 逢いたかったよ

北島三郎について

流しの歌手をしながら船村徹氏に師事。 1962年「ブンガチャ節」でデビュー。同年「なみだ節」で日本レコード大賞新人賞受賞。 「兄弟仁義」「函館の女」「与作」「風雪ながれ旅」など次々とヒット。1991年「北の大地」で日本レコード大賞受賞。1999年函館市より函館市栄誉賞を授与される。
北島三郎の人気歌詞
詠人(うたびと)

季節めくれば 遠い道のりは 思い通りに ...

与作

与作は木をきる ヘイヘイホー ヘイヘイ ...

まつり

男は祭りを そうさ かついで 生きてき ...

風雪ながれ旅

破れ単衣に 三味線だけば よされよされ ...

北の漁場

いのち温めて 酔いながら 酒をまわし飲 ...

兄弟仁義

親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎり ...

がまん坂

俺がやらなきゃ 誰がやる 廻り道だぜ ...

男道

どこから吹いてくる 葵の風が 弱音はい ...

薩摩の女

義理あるひとに 背を向けて 別れてきた ...

肩で風きる 王将よりも 俺は持ちたい ...

人はいつも 何かを見つめ 何かを求めて ...

金色夜叉

熱海の海岸 散歩する 貫一お宮の 二人 ...

加賀の女

君と出逢った 香林坊の 酒場に赤い 灯 ...

喧嘩辰

恋とゆう奴あどえらい奴だ 俺を手玉に ...

なみだ船

涙の終わりの ひと滴 ゴムのかっぱに ...

夢人

(Na Na Na…) 花は咲き誇り ...

未来

憧れ頼りに 長い闇を潜れば 華と信じた ...

流れる雲の 移り気よりも 動かぬ山の ...

炎の男

男の俺が 選んだ道だ たとえ茨の 道だ ...