evesta歌詞検索

雨の物語(イルカ)の歌詞ページです。

雨の物語 歌詞

歌:イルカ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

化粧する君の その背中がとても
小さく見えて しかたないから
僕はまだ君を 愛しているんだろう
そんなこと ふと思いながら

窓の外は雨 雨が降ってる
物語の 終わりに
こんな雨の日 似合いすぎてる

誰もが物語 その一ページには
胸はずませて 入ってゆく
ぼくの部屋のドアに 書かれていたはずさ
とても悲しい 物語だと

窓の外は雨 あの日と同じ
肩を濡らした 君が
ドアのむこうに 立っていたのは

窓の外は雨 雨が降ってる
いく筋もの 雨が
君の心の くもりガラスに

イルカについて

昭和46年4月シュリークスに入る。昭和47年5月メンバーの神部和夫氏と結婚。昭和49年10月25日「あの頃のぼくは」(伊勢正三作詞作曲)でイルカとしてデビュー。昭和50年11月5日「なごり雪」発売  この大ヒットにより現在のイルカがあると言っても過言ではない!
イルカの人気歌詞
なごり雪

汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にして ...

まあるいいのち

ぼくから見れば小さなカメも アリから見 ...

海岸通り

あなたが船を選んだのは 私への思いやり ...

Follow Me

本当は明るい人が好きなのね 電話の音ば ...

冬の馬

馬の赤ちゃんはね 生まれたらすぐにね ...

共に生きる・・・この時を

手を伸ばせば いつだって やわらかな君に ...

君は悲しみの

きのうの事さえ 思い出せない程 ぼくは ...

サラダの国から来た娘

季節の変わり目さえ 気づかない程 ぼん ...

いつか冷たい雨が

雪がふる駅の片すみで だれにもいたずら ...

言葉って不思議だね

「おいしいな!」って言ったらね そこか ...

風にのせて

見知らぬ街の あの少年に、とどけておく ...

もう海には帰れない

夏には早いけれど 一人バスで来てみた ...

あしたの君へ

手を出してごらん すてきな物をあげよう ...

宇宙のかけら

四つ葉のクローバー 葉っぱ取れて 三つ ...

17ページのエッセイ

重い足をひきずり 家に辿りつけば ドア ...

我が心の友へ

みんな私の前から去って行ってしまう さ ...

あの頃のぼくは

あの頃の僕は若すぎて 君の気まぐれを許 ...

時の子守唄

あなたがいつか大人になって この家を出 ...

終恋

あてもなく電車に揺られて 気づくとまた ...