evesta歌詞検索

獣は裸になりたがる(郷ひろみ)の歌詞ページです。

獣は裸になりたがる 歌詞

歌:郷ひろみ

作詞:康珍化

作曲:羽場仁志

絶好調じゃん 腰もキレてる タワワな胸にあらら
ワザありの ジョークちょっと受けて
真夏のギフト Come to me
夏は 躰だから それが 基本だから
ここでキメなくちゃ
次回はないのが 波間のルール

MO MO MO MO もっともっと灼けてよ
せつない躰の 入り江まで
CHYA CHYA CHYA CHYA
ちゃんとちゃんと 見せてよ
抱きしめて 乱されて 剥がされて のけぞって
そそり立て あの波のように
獣は裸になりたがる

濡れたキス いっちょサンキュしましょ
衝動 どうしょう Jump on you
夏向きの 軽イこの腰は
天然でんねん Don't worry Come to me
恋は 乗るかそるか きみに 賭けてみるか
少しは黙れよ たまには恥じろよ 野生のパーツ

MO MO MO MO もっともっと焦げてよ
なにからなにまで夏だから
CHYO CHYO CHYO CHYO
ちょっとちょっと スゴイよ
賛美して 懺悔して きみだけを 吟味して
欲望の火は あからさまに
目に出る 手に出る 顔に出る

ヒトは 躰だから それが 基本だから
絞ったあたりに ンなことされると マジで燃える

MO MO MO MO もっともっと灼けてよ
せつない躰の 入り江まで
CHYA CHYA CHYA CHYA
ちゃんとちゃんと食べてよ
抱きしめて 乱されて 剥がされて のけぞって
そそり立つ この砂の上で
獣は裸になりたがる

獣は裸になりたがる

郷ひろみについて

1972年『男の子女の子』で歌手デビュー。野口五郎、西城秀樹とともに新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルになる。『裸のビーナス』(1973年)、『よろしく哀愁』(1974年)、『誘われてフラメンコ』(1975年)、『マイレディー』(1979年)、『How manyいい顔』(1980年)、『お嫁サンバ』(1981年)など、次々とヒットする。その後も本格派歌手として『哀愁のカサブランカ』(1982年)、『素敵にシンデレラコンプレックス』(1983年)、『2億4000万の瞳』(1984年)などのヒット曲を生む。
郷ひろみの人気歌詞
GOLDFINGER'99

不埒(ふらち)なリズムで ギラつく胸は ...

言えないよ

笑い過ぎたきみが涙 細い指でぬぐってる ...

2億4千万の瞳

見つめ合う視線のレイザー・ビームで 夜 ...

よろしく哀愁

もっと素直に僕の 愛を信じて欲しい ...

僕がどんなに君を好きか、君は知らない

はじめからあきらめていたけど だけども ...

逢いたくてしかたない

もうだめだと言ったとき 泣いた君をただ見 ...

男の子女の子

君達女の子 僕達男の子 ヘイヘイヘイ ...

ウォンチュー!!!

(Uh-Uh-Uh-Uh-Uh Hah ...

ダブルブッキング

傷ついた言葉は 数え切れないけど 愛し ...

お嫁サンバ

恋する女は綺麗さ 決してお世辞じゃないぜ ...

忘れられないひと

夕闇が滲む古い Cafe terrace ...

いつも心に太陽を

汗を流したあとの 荒い呼吸の時が 君 ...

How many いい顔

ジゴロを気取った くわえ煙草を 真赤な ...

哀愁のカサブランカ

抱きしめると いつも君は 洗った髪の香 ...

花とみつばち

どうでもいいけど 帰るの いるの 夜明け ...

バイブレーション

ピリピリして昼下がりは 素肌に痛い 缶 ...

愛してる

言わなくても伝わるって 甘えて過ごしてし ...

強く儚い魔法で

恋する魔法も信じられる こんなに見つめ ...

未完成

年上の女 シルクの手ざわり うなじに触 ...

MAGMA

今はまだ鏡の中の誰も知らない君はダミー ...