evesta歌詞検索

三年ぶりの人だから(原田悠里)の歌詞ページです。

三年ぶりの人だから 歌詞

歌:原田悠里

作詞:麻こよみ

作曲:馬飼野俊一

酔ったふりして 寄り添えば
胸に広がる なつかしさ…
甘くせつなく ときめく心
三年ぶりの 人だから
お酒をあなたに 注ぎ足して
ともす女の 恋灯り

何度も手直し した化粧
今も綺麗 (きれい)と 言われたい…
嬉し恥 (はずか)し ときめく心
三年ぶりの 夜だから
話しは尽きない いつまでも
窓にこぼれる 街灯り

変わらぬあなたの 優しさが
指の先まで しみて行く…
甘くせつなく ときめく心
三年ぶりの 人だから
今夜はこのまま 帰らない
ともる女の 夢灯り

原田悠里について

1982年6月「俺に咲いた花」(キングレコード)でデヴュー。。『木曽路の女』に代表される旅情演歌シリーズで100万枚のセールス記録を達成。1986年12月 「木曽路の女」第19回全日本有線放送大賞・特別賞受賞 1987年12月 「安曇野」第20回全日本有線放送大賞・優秀スター賞受賞 2001年12月 「三年ぶりの人だから」第43回日本レコード大賞金賞受賞 2002年12月 「おんな坂」第44回日本レコード大賞金賞受賞
原田悠里の人気歌詞
木曽路の女

雨にかすんだ 御岳さんを じっと見上げ ...

津軽の花

真冬(ふゆ)の寒さに 耐えてこそ 花は ...

特攻の母~ホタル

私は鳥浜とめと申します。 鹿児島県 ...

涙しぐれ

心の傷あと かぞえて眠る そんな女の ...

いろは坂

右へ曲がって 左に折れて この坂 明日 ...

水鏡

桜映した 掘割りを 秋は紅葉が 朱に染 ...

あじさい橋

ひと雨ごとに 彩づきながら 咲いてあじ ...

砂の道

指宿(いぶすき)行(ゆ)きの 列車に揺ら ...

港町シネマ

港桟橋 埋め尽くし 雪がしんしん 降る ...

鎌倉の女

ねぇあなた… しのび雨ね 鎌倉の 紫陽 ...

あなたとふたり

りんごの花咲く 木の下で 初めて出逢っ ...

えとらんぜ

高層ビルの灯の粒は まるで宝石散りばめ ...

安曇野

大糸線に揺られて着いた ここは松本 信 ...

夢ひとすじ

この俺捨てて 行くのかと 言われて泣い ...

萩しぐれ

あなたと旅した 想い出を 抱きしめ辿( ...

思いのままに

明日のことなど わからない 現在(いま ...

のぞみ花

花には命の 水がいる 人には情けと 愛 ...

女・・みぞれ雨

海鳥なく声 心にしみる 出船の汽笛が ...

むらさき小唄(歌謡浪曲入り)

流す涙が お芝居ならば 何の苦労も あ ...

七夕祭り

一年に 一度でいいから 逢いたいと 藍 ...