はまなす酒場 歌詞

歌:伍代夏子

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

指をまるめて 覗いてみても
愛想なしです 男がひとり
なにか喋って はまなす酒場
酔いにまかせて 抱かれたら
命まとめて 命まとめて あげるのに

逢えばせつない 逢わなきゃつらい
女盛りを さらして生きる
外は雪です はまなす酒場
いくら惚れても 妻がいる
せめて注がせて せめて注がせて 罪な酒

小皿落として 小指を切って
どうかしてるわ 今夜のわたし
いつか花咲く はまなす酒場
燃えて添い寝の 夢ごこち
女模様の 女模様の 万華鏡

伍代夏子について

昭和62年にシングル「戻り川」でデビューし、35万枚を売り上げるロング・セラーを記録した。「忍ぶ雨」(平成2年)、女の淋しさを描く「恋挽歌」(平成3年)、故郷の母を想う「雪中花」(平成4年)などを立て続けにヒットさせ、紅白歌合戦出場や全日本有線大賞受賞などを果たした。平成11年12月には俳優の杉良太郎と入籍し、女性として、歌手としての魅力に一層の磨きをかけている。
伍代夏子の人気歌詞
金木犀

路地にこぼれる 金木犀の 香りに揺れる ...

ひとり酒

あなたと肩を並べて飲んだ お酒が恋しい ...

矢車草

あなたに出逢って あなたを愛し 人恋う ...

愛の橋

あの町を 捨てたから もう戻れない ふ ...

雪中花

風に風に 群れとぶ鴎 波が牙むく 越前 ...

拝啓 男どの

拝啓 男どの そなた 変らず お元気で ...

戻り川

涙みせたら あなたが困る いいの いい ...

女のひとりごと

幸せさえぎる 冷めたい雨に 何度もつま ...

肱川あらし

非の打ちどころの ない人なんていませんよ ...

花つむぎ

雪の中から ひと彩(いろ)紅く 花を咲 ...

忍ぶ雨

人目にふれる 花よりも 影で寄り添う ...

港恋唄

指でおくれ毛 撫でつけて 紅もひと刷け ...

紅 燃ゆる 遠(とお)の空 語れるも ...

待つ女

別ればなしが いつ出ても 不思議じゃな ...

失恋記念日

初めてあなたと 旅したときの 寝台列車 ...

わかれ宿

風にその身を 震わせながら 泣いて散る ...

紅一輪

交わす目と目の ひと目惚れ 恋の運命( ...

おんな坂

仮寝の宿を捜し 飛ぶ鳥が 私の身がわり ...

鳴門海峡

髪が乱れる 裳裾が濡れる 風に鴎が ち ...

淡雪牡丹

はらはら舞い降る 雪の中 小さく芽生( ...