evesta歌詞検索

女の港(大月みやこ)の歌詞ページです。

女の港 歌詞

歌:大月みやこ

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

口紅が 濃すぎたかしら
着物にすれば よかったかしら
二ヶ月前に 函館で
はぐれた人を 長崎へ
追えば一夜が 死ぬほど長い
私は港の 通よい妻

信じても ひとりになると
ぷつんと切れる ふたりの絆
たしかめあった 横浜の
桟橋はなれ 塩釜へ
向かうあなたが もう気にかかる
いつまでたっても 恋女

海猫の 声ききながら
港の宿で あなたを待てば
たずねる船は 青森にゃ
寄らずに 佐渡へ行くという
つらい知らせは 馴れっこだから
夜汽車でマフラー 編むのです

大月みやこについて

昭和39年6月20日「母恋三味線」でキングレコードよりデビュー 。昭和59年度 全日本有線大賞特別賞 (女の港)平成4年度  第34回日本レコード大賞 大賞 (白い海峡)など受賞多数。
大月みやこの人気歌詞
手酌さのさ

ひとりでやります 手酌がいいわ 今夜は ...

夢日記

なにが欲しいと 聞かれたら 愛が欲しい ...

白い海峡

人はみな故郷が 恋しくなって 一度は泣 ...

恋ものがたり

別れてあげます 身をひいて あなたお願 ...

根室海峡

髪が長けりゃ 切り捨てまする 顔が白け ...

氷雪の岬

どこに流れて ゆきますか 凍えて割れた ...

女の駅

もいちど抱いてね あなた 雪が泣く お ...

戻り橋暮色

(台詞) 大阪は みなみの新地のあたり ...

霧笛の宿

霧笛がしみます 雪の夜 わたしはあなた ...

くらやみ橋から

(台詞) 昭和十年頃の事やったそうです ...

西陽

西陽の差し込む窓から あなたの 面影さ ...

乱れ花

額の髪を 掻きあげながら 鏡にむかえば ...

ともしび

カーテンを そっと開けて おはようと  ...

恋歌しぐれ

女という字を また書いていた 運命(さ ...

銀座の蝶

ほこりまみれの 巷の夕陽 ビルにかくれ ...

大阪夜霧

好きになっては いけないと 誰も教えて ...

儚な川

聞かせて下さい もういちど おまえが好 ...

終着駅にて

燃えて 燃えて 燃えて 燃えてあなたの胸 ...

花宴

いろんな事が あったわ 騙されたことも ...