evesta歌詞検索

酒春秋(宮史郎)の歌詞ページです。

酒春秋 歌詞

歌:宮史郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:宮下健治

男がひとりで 呑む時は
古びた暖簾の 店がいい
夢をお猪口に 注ぐも良し
想い出肴に 酔うも良し

こころに風吹く そんな日は
誰かに電話を すればいい
友と語らう 酒もあり
あの娘と酔いたい 酒もある

ふる里想って 呑む夜は
地酒と干物が あればいい
さかな焼いてる 煙にも
故郷の匂いが しのばれる

春にはぬる燗 夏は冷や
秋には人肌 冬は熱燗
美酒に酔いしれ それぞれに
人生楽しみゃ それでいい
宮史郎の人気歌詞
ひとり酒

だめじゃないかと しかってくれる やさ ...

片恋酒

好きで呑んでるお酒じゃないわ ひとりが ...

浪花ふたり道

優しい笑顔に ほだされて ほろり「ほ」 ...

にがい酒

冷でいいから おじさん注いで ついでに ...

濡れおんな

荒れて飲んでも 酔えないお酒 知ってい ...

妻と呼ばれて

私のこころを しびれさす あなたの吐息 ...

おんな化粧花

雨の酒場で 今夜もひとり 女がのむ酒 ...

悲しい意地

女の愛は いのちでも 男の愛は 出来ご ...

酔いざめ未練酒

寒く凍った 昔の傷は 熱い情に 溶かさ ...

あなたの背中

一緒になろうと 屋台の酒で かわした契 ...

霧の湯布院

阿蘇のやまなみ涙でみつめ ひとりで来ま ...

女のみちパート2

連れていってよ どこまでも ついて行き ...

恋の川

惚れちゃ駄目よと 言いながら 離れない ...

酔町情話

素面じゃなんにも 言えなくて 酔ったふ ...

女の旅路

貴男一人を 死なせはしない 何もとりえ ...

女の却火

俺を選ぶか 世の中とるか にくい台詞で ...

涙のグラス

心も身体も ひとつだと 言ったあなたは ...

命のかぎり

晴れの日 雨の日 苦労に耐えて 涙みせ ...

女の坂みち

泣きはしないと 強がる裏で 泣いた私が ...