女の旅路 歌詞

歌:村上幸子

作詞:荒木とよひさ

作曲:三木たかし

流れ流れて 明日は浮雲
女ひとりが たどりつくのは
潮の匂いの 北の酒場か
嘘の上手な 男の胸か

※あゝ 恋の灯りを ともせば
あゝ 風が吹き消す
何でこの世に 生れてきたの
涙似合う 身の上
しあわせ探し歩く 北の旅路はどこまで※

春に桜を 夏にはまなす
秋がくるころ この町すてる
一夜芝居の 終わりきたなら
寒い木枯し また冬がくる

あゝ 人が恋しい夜には
あゝ 枕を抱いて
忘れきれない 男の肌を
指でさぐる悲しさ
しあわせ探し歩く 北の旅路はどこまで

(※くり返し)

村上幸子について

1979年に「雪の越後をあとにして」でデビュー 1984年に「酒場すずめ」をヒットさせ、その後も「放浪記」「純情物語」などを歌った。 1990年7月23日死去
村上幸子の人気歌詞
酒場すずめ

涙という木に 止まった鳥は 人のやさし ...

不如帰

命二つを 結ぶ糸 ちぎれて哀し 相模灘 ...

それなりに青い鳥

爪を噛む 女にだけ 聴こえる あの歌は ...

北の港のみれん船

北の港の 桟橋に あなたがつないだ み ...

螢火情話

暗い海鳴り 窓の外 ため息一つ肩です ...

にごりえ

灯り喰えて 沈む身に 似てやしないか ...

京の川

生きるか 死ぬかの 恋をして 女は綺麗 ...