evesta歌詞検索

MILK(槇原敬之)の歌詞ページです。

MILK 歌詞

歌:槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

こんなに遅くたずねてごめん なんとか一人でやってみたけど
どうしてもうまくいかなくて とてもとてもこわくなってしまった

人に負けないものが僕には一つ だけでも一つしかなくて
必死にそれを守ってきたけど あきらめそうになったんだ

大人になってくると なぜか素直になるのが難しいね
僕も同じと微笑んで 泣けばいいよと言ってくれた

不器用な君の手のひらが 僕の背中であたたかいから
氷ついた気持ちとけだして 涙が止まらないよ

黒いランドセルにボロボロの 勇気と正義をつめこんで
泣きそうにドアを開けたらすぐ 机の下ひざをかかえてた

「男は簡単に泣くんじゃない」 暖かいミルクをくれた笑顔
誰かによりかかり いつの間にか眠った頃がなつかしい

自分と違うことをしてる人をうらやんだりしたけど
やっぱり僕は僕だから ダメな自分も好きにならなくちゃ

パジャマ姿で送ってくれる サンダルの音と“がんばれよ"の声
暖かいミルクみたいだね 胸にしみこんでくる

月も桜を揺らす風も もう僕の前通り過ぎないから
明日はきっと今日よりもいい日に決まっている

君がいてよかった

槇原敬之について

1990.3.「AXIA MUSIC AUDITION’89」で"グランプリ"と"一万人審査員賞"を受賞。 10.25 シングル 「NG」、アルバム 『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビュー。 1991.7.29 「どんなときも。」がオリコン・シングル・チャートで1位に輝く。
槇原敬之の人気歌詞
どんなときも。

僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰 ...

もう恋なんてしない

君がいないと 何も できないわけじゃない ...

僕が一番欲しかったもの

さっきとても素敵なものを 拾って僕は喜 ...

遠く遠く

遠く遠く離れていても 僕のことがわかる ...

素直

話を切り出す順番 ゆずってくれたから ...

冬がはじまるよ

8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを ...

SPY

おあずけになったデートに がっかりして ...

Hungry Spider

(Hungry Spider…) ...

軒下のモンスター

突然田んぼの真ん中に 現れたUFOのよ ...

No.1

お互いのことをもう さぐるのはやめよう ...

君は僕の宝物

君が僕を好きだとわかった その日の帰り ...

彼女の恋人

僕の車にそんな風に かんたんに乗れるんだ ...

抱きしめたいと言う言葉の 意味とは裏腹 ...

LOVE LETTER

線路沿いのフェンスに 夕焼けが止まって ...

カイト

キャップの上からフードかぶり ポケット ...

GREEN DAYS

ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがん ...

Fall

何時でも決まった事を 一人で淡々とこな ...

Rain

言葉にできず凍えたままで 人前では ...

印度式

(スイカ ワキ・スネ ワキ・スネ ...

Remember My Name

さっき君に告げたのは 僕の名前だけど ...