evesta歌詞検索

おゆき(内藤国雄)の歌詞ページです。

おゆき 歌詞

歌:内藤国雄

作詞:関根浩子

作曲:弦哲也

持って生まれた 運命まで
変えることなど 出来ないと
肩に置いた手 ふりきるように
俺の背中に まわって泣いた
あれは… おゆきという女

少しおくれて 歩く癖
それを叱って 抱きよせた
つゞく坂道 陽の射す場所に
連れて行きたい このまゝそっと
あれは… おゆきという女

湯気に浮かんだ 茶柱で
明日を占う 細い指
どこか不幸がとりつきやすい
そんな気がする ほくろがひとつ
あれは… おゆきという女

内藤国雄について

プロ将棋士。九段。2000年9月,史上5人目となる公式戦1000勝達成により特別将棋栄誉賞を受ける。また歌手としても1976年に「おゆき」が100万枚以上を売り上げる大ヒットとなる。 『人生に生かす勝負の心』と題した講演活動も行っている。