男惚れ 歌詞

歌:坂本冬美

作詞:星野哲郎

作曲:猪俣公章

淀の水さえ 流れては
二度と逢えない 浪花街
星の数ほど あるその中の
たったふたりが 知り合うて
男同志の 酒を汲む

(セリフ)ええなあ…男はんは…
腹の内を見せ合うてからに…
ほんまに羨しいわ…

君の情を 俺に注げ
俺の誠を返すから
忘れられよか そのひとことの
夢と意気地に 酔わされて
命もやした 淀屋橋

(セリフ)こないなると 女子はかもて
貰われへんさかい…
淋しいわ…

風にとび散る 銀杏の
粒に似たよな 命でも
情け大阪堂島育ち
見栄も飾りも 酒に換え
君の愁いを 晴らしたい

坂本冬美について

NHK「勝ち抜き歌謡天国」(和歌山大会)で名人となる。審査員・猪俣公章氏に認められ、86年4月上京。内弟子として11月まで過ごす。87年「あばれ太鼓」でデビュー。88年第39回NHK紅白歌合戦「祝い酒」で初出場。
坂本冬美の人気歌詞
夜桜お七

赤い鼻緒がぷつりと切れた すげてくれる ...

また君に恋してる

朝露が招く 光を浴びて はじめてのよう ...

喝采

いつものように幕が開き 恋の歌うたうわ ...

火の国の女

肥後は火の国よ 恋の国 燃える中岳よ ...

祝い酒

浮世荒波 ヨイショと越える 今日はおま ...

俺でいいのか

惚れた男(あんた)の ためなら死ねる ...

ずっとあなたが好きでした

冬の陽だまり ふと翳す手が 落葉のよう ...

あばれ太鼓

どうせ死ぬときゃ 裸じゃないか あれも ...

風に立つ

青嵐に吹かれて 胸をはる 日もあれば ...

弁天小僧

牡丹の様な お嬢さん シッポ出すぜと  ...

羅生門

どしゃぶり雨に もろ肌脱いで 鬼がいる ...

風うた

赤いセロファン とかしたような 夕日の ...

夢一夜

素肌に片袖 通しただけで 色とりどりに ...

男の火祭り

日本の男は 身を粉にして働いて 山に海 ...

桜の如く

どんな試練が 待ちうけようと 夢はつら ...

越冬つばめ

娘盛りを 無駄にするなと 時雨の宿で  ...

地上の星

風の中のすばる 砂の中の銀河 みんな ...

片想い

あの人のことなど もう忘れたいよ だっ ...

螢の提灯

女の方から通って行くなんて 心ないとか ...